KATO 117系福知山線色(旧製品)に方向幕を入れてみた。

2021年12月22日 12時00分 正午の月齢:18.2  月名:寝待月  潮汐:中潮 月齢:18.2[寝待月] 潮汐:中潮
1か月前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

旧製品のKATO117系福知山線色が手に入りました。入手先はいつもの師からです。自分の中では117系福知山線色って、どうも185系とイメージがかぶるのですよ。それから車内も改造されて一部ロングシートになってしまったため、車格が下がった感じ。

さて、旧製品でもっとも気になる部分は前面幕ですよね。最近の製品のように表面が透明だったら幕が白くてもアリだとは思うけれど、この製品は幕に何も貼らないとちょっとアレです。他にも、前照灯まわりの銀色が薄い? 最初見たとき、塗装されていないのかって思いましたよ。塗りなおしたほうがいいかなぁ。

117系前面幕なしの状態

うーん、ここは何としても幕を貼らないと、堂々と本線を走らせることはできない…

「この部分をくりぬいて、透明のプラ板かレジンで透過式にしようかな。」っていうのも考えなかったわけではないんですけど、ハイリスク・ローリターンな予感がぷんぷんするのでいつもどおりの術式、自作シール貼り付けで妥協しようと思います。

ということで、側面の方向幕と前面幕を作ります。まずは車体のスキャンから。

車体のスキャン

実は以前に117系の幕を作ったんだけど、データなくしました。

Photoshopで傾きを修正して、いらない部分をトリミング。前面の画像は白く色が飛んでいるので、色調補正で幕部分の輪郭線を強調しておきます。

Photoshopで傾きを修正

Illustratorで、データを作ります。黒地に独特のフォントをデザインして、「普通 福知山」にしてみました。

幕データ作成

作ったデータはここに置いておきましょ。

印刷して切り出し、さっそく貼ってみました。まずは前面。

前面幕

黒い幕が117系の顔の真ん中を引き締めてくれました。いい感じ💛

次に、側面。

側面

白抜き文字だったので文字がつぶれないか心配だったのですが、十分に文字が読める品質で仕上がりました。英字はさすがに見えないけど。

屋根上(列車無線アンテナ)とかまだまだ手を入れたいところはあるけれど、とりあえず最低限の化粧直しが完了しましたー。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »