dynabook Satellite K21にWindows10 64bitを入れたのでドライバ探し。

2018年06月15日 正午の月齢:1.6  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.6[二日月] 潮汐:大潮
1か月前に投稿 | Windows10 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

先日、dynabook Satellite K21にWindows10 64bitを入れたのですが、2つほど正しくドライバが当たっていないようです。そのままでも動かないことはないのですが、なんとかドライバを探してみます。

dynabook Satellite K21

まず1つ目は「大容量記憶域コントローラ」です。

SDカードスロットであることはわかっていたので、あちこち探して見つけました。「Texas Instruments PCIxx12 Integrated FlashMedia Controller」です。dynabook.comのサポート情報 ダウンロードサイトを探してそれっぽいものを入れたら何とかなるのが、dynabookのいいところ。

インストール後、「ドライバの更新」を押して新しいドライバを当てたら、不具合が出たので元に戻しました。バージョン2.0.0.8のままが良いと思います。

デバイスマネージャ

さて、2つ目のドライバ。

OSをインストールしたときからカーソルがやたらと引っかかったので、SSDに換えたり、メモリを増設したり、ディスプレイドライバを見直したりしたのですが、ちっとも改善しなくて、最後にたどり着いたのがタッチパッドのドライバでした。

PS/2互換マウスドライバでも動くのですが、スクロールなどの機能が使えないので、Alps Pointing-device Driverを探しました。いろんなバージョンがあるのですが、最終的に落ち着いたのはコレ。

Alps pointing device

10.100.303.231というバージョンです。これでもたまにプチフリーズしたようにカーソルが動かなくなるのですが、何とか使えないことはないです。Version: 10.x0.303.238というのも試してみる価値があるかもしれません。

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/06/satellite-k21driver.html/trackback

NEMのハーベスティングで初収穫!

2018年06月9日 正午の月齢:25.0  月名:二十六夜  潮汐:若潮 月齢:25.0[二十六夜] 潮汐:若潮
1か月前に投稿 | 仮想通貨(暗号通貨) | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

ようやく初収穫を迎えた、NEMのハーベスティング。

しばらく放置していたら、ウォレットに2日立て続けに記録されていました。たしかに嬉しいのですが…

NEM収穫高

いやぁ、少ない!

6月7日はなんと0XEM。8日も0ではないけど0.05XEM。せめて1以上の数字が欲しかったっス。NEMの価格が高ければ0.05でもいいかも知れないけど、今のレートじゃ、ねぇ。

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/06/nemfirstharvesting.html/trackback

新しいWindows10のPCがWindows2000 Active Directoryにドメイン参加できなかったので設定をいじって解決した。

2018年06月8日 正午の月齢:24.0  月名:二十五日月  潮汐:長潮 月齢:24.0[二十五日月] 潮汐:長潮
2か月前に投稿 | Windows10 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

東芝のdynabook Satellite K21。10年前のパソコンですが、わが家で最速・最高スペックのマシンです。そのうちの1台に64bitのWindows10をインストールしてみました。古いインストールディスクは持っていたのですが、せっかくなので新しいISOイメージをダウンロードして、インストールしてみました。

Windows10システム画面

くー、さすがに1GBのメモリではさくさく動かない…。64bitを動かすにはもう少しメモリを積む必要がありそうです。

「新しいWindows10のPCがWindows2000 Active Directoryにドメイン参加できなかったので設定をいじって解決した。」の続きを読む。

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/06/windows10activedirectory.html/trackback

WordPressでアイキャッチ画像を表示させるためプラグインを入れてテーマをいじってみた。

2018年06月1日 正午の月齢:17.0  月名:居待月  潮汐:中潮 月齢:17.0[居待月] 潮汐:中潮
2か月前に投稿 | WordPress | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

かなり前に、「ブログに挿入する、無意味なイメージ画像の存在価値。」ということでアイキャッチ画像について批判めいたことを書いたのですが、最近になって「関連性のある画像だったらあってもいいかな」と思えるようになってきました。でもあまりに大きな画像や、記事の内容と関係ない画像については今でも否定派です。

さて、WordPressにアイキャッチ画像の機能がついて久しいのですが、今まで何にも事前準備をしていなかったので1からの実装です。

まずはアイキャッチ画像の有効化のため、テーマ内のfunctions.phpに以下の記述を追加します。

add_theme_support('post-thumbnails');

次に、サイドバーの「最近の記事」にもサムネイルサイズの画像が出るようにします。sidebar.phpにもともとあった記述

<h2>最近の記事</h2>
<ul id="recent">
<?php wp_get_archives('type=postbypost&limit=50'); ?>
</ul>

を、以下のように書き換えます。

<h2>最近の記事</h2>
<ul id="recent">
<?php $posts = get_posts('numberposts=50'); ?>
<?php foreach($posts as $post): ?>
<li>
<span class="eye"><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_post_thumbnail(array(40,40), array('class' => 'left')); ?></a></span><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a>
</li>
<?php endforeach; ?>
</ul>

ずいぶん複雑になりましたね。サムネイルのサイズはいろいろ試してみた結果、40×40ピクセルに設定しました。

サイドバーのアイキャッチ画像

各記事のダイジェスト版にあたるcategory.php、search.php、archive.phpにも<?php the_excerpt(); ?>の直前に以下のような記述を。

<p><span class="eyecatch"><?php the_post_thumbnail( array(150,150) ); ?></span></p>

こんな感じに表示されます。

アイキャッチ画像サンプル

これでOKなのですが、過去の記事にもアイキャッチ画像を設定したいな、ということで、プラグイン「Auto Post Thumbnail」をインストールしました。「Generate Thumbnails」というボタンを押すと、投稿した記事に使った画像から自動的に選んでくれて、アイキャッチ画像として一括で設定してくれます。ただし、記事に画像を1つも使っていない場合はアイキャッチ画像は設定されません。

これで少しサイトの雰囲気が華やかになりましたー。

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/06/wordpress-eyecatch.html/trackback

WordPressに実装されているはずのレスポンシブイメージが機能しないのでもう一度確認してみた。

2018年05月31日 正午の月齢:16.0  月名:立待月  潮汐:大潮 月齢:16.0[立待月] 潮汐:大潮
2か月前に投稿 | WordPress | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

先日、プラグインに頼らずにスマートフォンで最適に表示できるようにCSSをいじっていたのですが、環境によっては幅600pxの画像がそのまま表示されてサイトのボックス幅よりはみ出していることが確認できました。

その前に、軽くレスポンシブイメージの説明を。レスポンシブイメージとは、閲覧側の画面サイズに対して最適な画像のサイズと見せ方を選べる方法です。画面幅に合わせて最適な大きさの画像を表示させることができます。

WordPress4.4からsrcsetとsizesを使ったレスポンシブイメージが実装されているようです。何かしないと機能しないのかな。プラグインを入れたり、functions.phpに記述したりが必要だったときもあったようですが…

さっそくいろいろと探りを入れてみました。

まずは画像のソース。

<img class="size-large wp-image-12886 aligncenter" src="https://susu.cc/wp-content/uploads/2018/05/nanowallet-600x330.jpg" alt="nano wallet download" width="600" height="330" srcset="https://susu.cc/wp-content/uploads/2018/05/nanowallet-600x330.jpg 600w, https://susu.cc/wp-content/uploads/2018/05/nanowallet-150x83.jpg 150w, https://susu.cc/wp-content/uploads/2018/05/nanowallet-300x165.jpg 300w, https://susu.cc/wp-content/uploads/2018/05/nanowallet-768x423.jpg 768w, https://susu.cc/wp-content/uploads/2018/05/nanowallet.jpg 1143w" sizes="(max-width: 600px) 100vw, 600px" />

という感じで、レスポンシブイメージとしての記述は問題なし。それじゃあいったい何なのだろうか。2つほど抜けているところがあったようです。

まずはheader.phpのhead内に

<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">

を入れました。スタイルシートの指定よりも前に記述しておきます。

次にCSS。

img {
border-top-style: none;
border-right-style: none;
border-bottom-style: none;
border-left-style: none;
max-width: 100%;
height: auto;
}

max-width: 100%;height: auto;を追加しました。

これで正しく表示されるようになりました。しばらくご無沙汰だと新技術についていくのが大変ですね。

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/05/wordpressresponsiveimage.html/trackback