昭和62年の500円硬貨

2008年11月29日 正午の月齢:1.8  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.8[二日月] 潮汐:大潮 (最終更新日:2008年12月27日)
11年前に投稿 | 分類無用 | 「2008年11月」の記事

1分ぐらいで読めます。

今日は実家に立ち寄った際に、10年間溜め込んだ500円貯金を開封するというので、数を数えるのに協力しました。合計金額は255000円だったのですが、そのうちの1枚が昭和62年のものでした。 未使用というわけではないですが、状態もかなり綺麗です。早速価値を調べてみると…1500円から2000円くらいのようです(未使用じゃないから何とも言えないケド)。とりあえず使わずに持っておきますー。 使ったら普通…(以下略)

583系の隅のほう

2008年11月23日 正午の月齢:25.5  月名:二十六夜  潮汐:若潮 月齢:25.5[二十六夜] 潮汐:若潮 (最終更新日:2019年09月04日)
11年前に投稿 | 鉄道全般 | 「2008年11月」の記事

3分ぐらいで読めます。

「隅のほう」シリーズ・第2弾。 以前、何かの資料に役立つだろうと思って撮り貯めた583系の寝台部分を晒してみます。本当は、B寝台のセットマニュアル(著者:煤)も公開したいのですが、あまりにも露骨に写真つきで詳細に手順を説明しているので、マニアさんがいたずらしたりすると困るので公開できません。583系が全廃したときにお見せしたいと思います。(なんとボクが作ったマニュアルが各地の整備会社に行き渡って使…(以下略)

文化展用合同レイアウト(その10)汚物カセットのコンテナを作ってみた

2008年11月21日 正午の月齢:23.5  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.5[真夜中の月] 潮汐:小潮 (最終更新日:2009年06月13日)
11年前に投稿 | 鉄道模型 | 「2008年11月」の記事

2分ぐらいで読めます。

またまたループ線造形から逃避して、別のものを作ってみました。今回のメニューは「汚物カセットコンテナ」。とてもマイナーなアイテムなので、今まで模型化した例は見たことも聞いたこともないです。一般にはまったく縁のない、車両基地の片隅にあるレアアイテムを再現してみます。 そもそも汚物カセットとは…最近の車両のトイレによく採用されている汚物処理の方式です。水分は消毒して車外に捨て、濾過した固形分だけをカセッ…(以下略)

文化展用合同レイアウト(その9)右コーナーモジュール制作開始(まずはトンネル)

2008年11月19日 正午の月齢:21.5  月名:二十二日月  潮汐:小潮 月齢:21.5[二十二日月] 潮汐:小潮 (最終更新日:2009年06月13日)
11年前に投稿 | 鉄道模型 | 「2008年11月」の記事

1分ぐらいで読めます。

先日スタイロフォームを購入したので、早速トンネル作りに挑戦したところ、2時間くらいで玉砕しました。ペタペタと貼っただけではどうもダメのようです。シンプルなトンネルならいいのですが、勾配や立体交差が絡み合ってて、きちんと設計してからでないとスタイロフォームの屑が増えるだけです。 そこで、トンネルポータルの位置決めと勾配の数値化から取り掛かります。これを何枚か印刷して等高線を描き、立体的な完成図をイメ…(以下略)

文化展用合同レイアウト(その8)第4種踏切を作る

2008年11月17日 正午の月齢:19.5  月名:更待月  潮汐:中潮 月齢:19.5[更待月] 潮汐:中潮 (最終更新日:2009年06月13日)
11年前に投稿 | 鉄道模型 | 「2008年11月」の記事

2分ぐらいで読めます。

最近ご無沙汰だったレイアウト制作。先日とりあえず完成させた左コーナーモジュールには全方位を線路に囲まれた畑があり、このままでは農作業に行けません。(地方だったらお構いなしに線路横断するところもあるケドさ。) というわけで、踏切をつけましょう。大好きな第4種踏切とします。右コーナーモジュールにも踏切を作る予定なのですが、こちらはできれば第1種踏切にしたいなー。作戦としては、アパート→文化住宅の時と同…(以下略)

急行「だんだん山陰」号

2008年11月08日 正午の月齢:10.5  月名:十日余の月  潮汐:若潮 月齢:10.5[十日余の月] 潮汐:若潮 (最終更新日:2009年06月12日)
11年前に投稿 | 分類無用 | 「2008年11月」の記事

1分ぐらいで読めます。

2008年11月7日、京都駅山陰口に久々の夜行客車列車が走りました。その名は急行「だんだん山陰」号。客車列車萌え属性を抑えきれず、残業をほどほどに切り上げて、京都駅まで行ってちょっと見てきました。「銀河」以来のハァハァです。 くふぅ、夥しい撮り鉄の数に苦戦。デジカメを忘れたため、携帯電話での撮影となりさらに条件は厳しく。何枚か撮ったけれど、結局全部ブレました。 アングルを変えて何枚か撮影しました。…(以下略)

Translate »