フルートスタンド(かわいい系)を1000円以内で作ってみた。

2022年01月12日 12時00分 正午の月齢:9.7  月名:十日月  潮汐:長潮 月齢:9.7[十日月] 潮汐:長潮 旧暦:2021年12月10日 先負
7日前に投稿 | 「フルート」の記事

2分ぐらいで読めます。

3月の発表会に出ることになり、とうとう人前で吹くという暴挙に挑むのです。 さて、家で練習の合間に休憩するとき、フルートはふつうにテーブル等に寝かせて置くのですが、はみ出した端のほうをひっかけそうでちょっと悶々していました。 立てて一時保管するほうが安心かな、ということでフルートスタンドを買おうと思って調べたけれど、だいたいが黒くて、脚も長くて、いかにもステージ用なものばかり。 フルートスタンド 希…(以下略)

無料の楽譜作成ソフト「MuseScore」でALTIMAのI'll believeを耳コピしてフルート用に作ってみた。

2021年06月08日 12時00分 正午の月齢:27.7  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.7[二十八日月] 潮汐:中潮 旧暦:2021年04月28日 先勝
(最終更新日:2021年06月20日)
7か月前に投稿 | 「フルート」の記事

3分ぐらいで読めます。

altimapose

ALTIMAのI'll believeを初めて聴いたときからすっかり感化されて、ここ最近はこればっかり聴いているのですが、「このメロディーってフルートで吹いたらすんごく気持ち良さそう」っていうことで、楽譜を探してみました。 I'll believe-灼眼のシャナIII-FINAL-ED1 ということで見つけたのですが、そのまま吹いてみると…あれ? 微妙に音の高さや拍の取り方がおかしい。だいたいは合…(以下略)

Es-durの曲を吹くのが苦手。だけど好きな曲は多い。うーん…

2021年06月04日 12時00分 正午の月齢:23.7  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.7[真夜中の月] 潮汐:小潮 旧暦:2021年04月24日 先負
(最終更新日:2021年06月20日)
8か月前に投稿 | 「フルート」の記事

2分ぐらいで読めます。

E-flat-major

「Es-dur」つまり変ホ長調の曲を吹くのがとても苦手なのです。同じように♭が3個つく「C-moll」つまりハ短調も当然苦手なのです。♭は多くても2個までだなぁ。 ところが変ホ長調やハ短調の曲って、どことなく自分に合うみたいで実は好きな曲が多いんですよね。たとえば「大不正解」や「夜に駆ける」、ほかにも「残酷な天使のテーゼ」など。 で、先生いわく、♭タイプの人と♯タイプの人がいて、だいたいどちらかが…(以下略)

ブリチアルディキーを「使う」&「解除する」記号のこと。

2021年05月09日 12時00分 正午の月齢:27.4  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.4[二十八日月] 潮汐:中潮 旧暦:2021年03月28日 赤口
(最終更新日:2021年05月12日)
8か月前に投稿 | 「フルート」の記事

3分ぐらいで読めます。

briccialdi key

「Butterfly」は転調が多くて、[前奏]ヘ長調 → [サビ]変ホ長調 → [Aメロ・Bメロ]ロ長調 → [サビ]変ホ長調 → [Aメロ・Bメロ]ロ長調 → [サビ]ホ長調 というふうに曲が進んでいくのですが、ヘ長調・変ホ長調は♭系なのでその調の部分はブリチアルディキーを押しっぱなしにしています。さて今回のテーマは♯系なロ長調の部分の運指について。(ブリチアルディキーっていうのは、左手親指で押…(以下略)

フルートを習って1年すぎて少しわかった、いい音の出し方。

2021年01月17日 12時00分 正午の月齢:4.3  月名:五日月  潮汐:中潮 月齢:4.3[五日月] 潮汐:中潮 旧暦:2020年12月05日 仏滅
(最終更新日:2021年01月20日)
1年前に投稿 | 「フルート」の記事

2分ぐらいで読めます。

「Butterfly」はちょっとお休みで、鬼滅つながりで「紅蓮華」に続いて「炎」を練習している(速度的には吹きやすいけれど拍の取り方が微妙に難しい)のですが、うすうすわかってきたことがあります。 ベテランからすると「ハァ?」だとは思うのですが、ド素人&初心者には役に立つかもしれないのでちょっと書いてみますね。 唇の端を左右に引っ張らない 唇の内側のやわらかい部分で穴(アパチュア)を作るイメ…(以下略)

Aisレバーの使い方・押さえ方

2020年11月01日 12時00分 正午の月齢:15.7  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.7[満月] 潮汐:大潮 旧暦:2020年09月16日 赤口
(最終更新日:2021年05月19日)
1年前に投稿 | 「フルート」の記事

2分ぐらいで読めます。

Aisレバー

アイスレバーと言っても冷凍したお肉のことではないです。 ♯が1個だけ(G Dur)でとても吹きやすかった「紅蓮華」の次に挑戦しているのが、木村カエラの代表曲「Butterfly」なのですが、これがまたアーティキュレーションやら転調やら複雑で結構難しくて。初心者のクセにこの曲を選んだのはアカンかったか、なんて考えたり。 「Butterfly」って、[前奏]ヘ長調 → [サビ]変ホ長調 → [Aメロ・…(以下略)

Translate »