JARLマークを極限まで公式のものに忠実に作り直してみた。

2021年11月26日 12時00分 正午の月齢:21.6  月名:二十二日月  潮汐:小潮 月齢:21.6[二十二日月] 潮汐:小潮
2週間前に投稿 | アマチュア無線 | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

JARL会員の心のよりどころとなるJARLマーク。いろいろと使うことがあるかもしれないと思って昨年作ったのですが…

ずっとある部分が気になっていたので、再度作り直しました。左が以前作ったもの、右が今回作ったものです。

JARLマークver.2 JARLマークver.3

えっ?! どこか違う? っていうくらいの小さな差なんですけど、どうしてもこれを無視できなくて。

よーく見てください。違うでしょ。ひし型の上下の角の曲線ぐあいが。以前作ったほうは少し尖りすぎなんですよ。それからわざと少し太めにしていた線の幅も正規の幅にしてみました。

比較してみましょう。

JARLlogo比較

緑の線がVer.2で、赤の線が今回のモノ(Ver.3)、黄土色になっている部分は両方のシルエットが重なっている部分。これだけ拡大(元データを2400%に拡大)してもこれくらいの差しかないんだけど、人間の目って不思議なもので、違いがわかるんですよねー。

「たいしたことない」っていえばたいしたことないけれど、いちど気になりだしたらなんていうかもうガマンできなくて、結局作り直したのです。

PNG2種類(黒と白)・PDF・ai形式の詰め合わせです。

ボクの術に堕ちて、気になってどうしようもなくなった人はダウンロードしてお使いください。ただし、以前のヴァージョンで大量にQSLカードを作ってしまい、今まさに破り捨てたい衝動に駆られている人がいたとしても責任は持たないので自分でなんとかしてくださいネ。

「こんなささいなコト、どうでもいいわ。」という広い心の持ち主は、無理してダウンロードしなくてもいいと思います。また「以前のヴァージョンのほうがかっこいい。好き。」という人もダウンロードする必要ナシ。そういう考え方も素敵です。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »