TOMIX DD51-592(ユーロライナー色)をいろいろといじる。

2016年08月12日 正午の月齢:9.6  月名:十日月  潮汐:長潮 月齢:9.6[十日月] 潮汐:長潮 | 2週前 | 旧暦:2016年07月10日 | 仏滅
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

亀師匠から、TOMIX DD51-592(ユーロライナー専用色)をいただきました。これで客車と機関車ともにユーロ色でそろえて走らせることができます。

euro-dd51_01

が、その前に。いただいたDD51は、TNカプラーとアーノルトカプラを前後につけているので、KATOカプラー換装済みの客車とはカプラーを交換しないと連結することができません。

euro-dd51_02 euro-dd51_03

euro-dd51_05 euro-dd51_06

カプラー交換の方法はここに書かなくてもいいくらい、いくらでも紹介されています。いまさらここで詳しく述べるのもアレなので、他のサイトを見てくださいね。

euro-dd51_07

かもめナックルカプラーをブラケットにおさめて、はいできあがり。(実はカプラーがばらけないようにピンを固定したり、カプラー後端のコの字部分上部を斜めに削ったり、少しの細工は必要なのです。)

euro-dd51_08 euro-dd51_09

少し高さがずれているようですが、どちらかというと客車側が低いようで、他の客車だとピッタリ合いました。

これで無事に組成できたのですが、せっかくなので付属のオプションパーツをすべてくっつけることにしました。まずはヘッドマーク。ボンドGクリヤーを少し付けてチェーン部分につけてやります。うんこれはなかなかかっこいいぞ。

euro-dd51_10

アンテナも屋根をカッターナイフでコリコリと加工して取り付けました。ちょっとゴチャゴチャ感が増して、男らしく。

euro-dd51_11

このように完成。信号炎管はカバー付きのほうを取り付けてみたけれど、これで合っているのかなぁ。まあ雰囲気は出ているので合格ですー。

euro-dd51_12

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

「ポケモンGO」をNexus7(2012)と(2013)にインストールしてみた。

2016年07月24日 正午の月齢:20.0  月名:二十日余の月  潮汐:中潮 月齢:20.0[二十日余の月] 潮汐:中潮 | 1か月前 | 旧暦:2016年06月21日 | 友引
In ゲーム | 9件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

「ポケモンGO」が日本でも配信されたので、Google PlayからNexus7にインストールしてみようとしたところ、「このアプリはお使いのどの端末にも対応していません。」との文字が。

pmg1

プレイしたいという思いよりも、とにかくインストールしてみたかったので、Google Playからではなく、直接インストールしてみました。

流れは以下のとおり。ただし自己責任でネ。

  1. まずはAPKファイルをパソコンにダウンロードします。
    いろいろなところにおいてあるのですが、APKPure.com APKMirror あたりで拾えばいいと思います。
  2. 転送アプリを使ってNexus7にAPKファイルを転送します。
    使い慣れているAirdroidを使いましたが、何でもいいと思います。
  3. 設定 → セキュリティ → 「提供元不明のアプリ」のインストールを許可します。
  4. Airdroidで端末内の転送した場所を探して、転送したポケモンGOのAPKファイルを開きます。
  5. 無事にインストールが完了すればプレイ可能となります。
  6. 忘れずに、セキュリティを戻しておきましょう。

Screenshot_20160724-100552

これで動くことは確認したのですが、1つ致命的な問題が。

Nexus7(2012)は、背面カメラがないので背景に現実世界を映すことができません。インカメラが動くので、自分の顔の上でポケモンをゲットするハメになりました…

すぐに設定変更しましたケド。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

TOMIX 381系を振り子化してみた。

2016年07月21日 正午の月齢:17.0  月名:居待月  潮汐:中潮 月齢:17.0[居待月] 潮汐:中潮 | 1か月前 | 旧暦:2016年06月18日 | 大安
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

TOMIXの381系を振り子化してみました。

技術的には30年以上前に紹介されていて、当時はマニ50を振り子化した記憶があるのですが、今回は正規の形式を使って、正しく遊びます。

381pendulum-06 381pendulum-05

いきなりですが、比較写真です。いずれも左側の車両の傾きがわかるでしょうか。

今回の加工は心皿付近にくさびを設置する方法です。動力車は同じ方法が使えないので、改造しないことにしました。

381pendulum-02

台車が旋回すると、くさびの効果で台車の片側が浮き、振り子効果を発揮します。

381pendulum-04 381pendulum-03

パンタグラフがあると、よくわかりますね。

381pendulum-09 381pendulum-10

前から見ると、意識していれば傾いていることが実感できます。俯瞰だと目立たないかな。

381pendulum-07

S字区間だと、車両ごとに屋根の傾きが異なって、かなりぐにゃぐゃした感じ。

あとはカントレールでの走行安定性の確認が必要ですネ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>