トレインボックス キハ48小浜色を開封したのでパーツ取り付け。

2016年11月27日 正午の月齢:27.8  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.8[二十八日月] 潮汐:中潮 | 2週前 | 旧暦:2016年10月28日 | 先勝
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

入手してから一度もあけていなかった、ジェイアール西日本商事が販売するトレインボックス、TOMIX キハ48小浜色。ついに開封しました。

48-01 48-02

別パーツが多いのですが、せっかくなので全部取り付けます。まずは信号炎管とタイフォン。これをつけないと穴があいたままなので。その前にピンバイスで穴をあけて、無線アンテナを取り付けます。

48-03 48-04

下回りも取り付けて、いい表情になりました。

48-05 48-06

では、引き込み線モジュールに乗せて、撮影してみましょう。

48-08

小浜色の113系を向かいのプラットホームに置いて。オバマ臭がぷんぷん漂っているのですぞ。

48-12

引き込み線に留置しているシキ600越しに撮ってみました。なんとなく今回は写真のサイズを16:9にしてみたので、車両の収まりがいいような気がします。作業の記録は4:3のほうが見やすいんですけどね。

他に開封もしていないモノは、鉄コレが3つほどあるかな。近いうちに娑婆の空気を吸わせてあげることにしましょう。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

当サイト、開設10周年。

2016年10月28日 正午の月齢:27.5  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.5[二十八日月] 潮汐:中潮 | 1か月前 | 旧暦:2016年09月28日 | 赤口
In 受想行識 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

何事も長く続けられない性格なのですが、当ウェブサイト「煤式自動連結器」は開設から10年を迎えました。

この10年の道のりの中には、ドメインを失効したり、サイトに悪意のあるプログラムを埋め込まれてサーバーアカウントを凍結されたり、今思い出しても泣きそうになることが何度かありました。

ウェブの技術的な話をしますと、このサイトはWordpressで構築していますが、どんどんヴァージョンアップし、その影響でEUC-JPからUnicodeへの変更を余儀なくされましたが、HTML5が主流になってきてもしぶとくXHTML1.0Strictでテーマを構築しています(だから最新のプラグインと文法的にミスマッチするんですよね)。しかも新しい技術は何も取り入れていません。もっと今どきっぽいサイトにしたほうが集客が期待できるかな、と思わないこともないのですが、大事なのはやっぱり内容だと思っています。内容も、うーん、大したことないかも知れないですけど。10年前から画面幅を固定せずにリキッドレイアウトでデザインしてきましたが、これだけデバイスが多様化するとは思っていなかったものの、スマートフォンからフルHDまで、IE6から最新のブラウザまで、たぶんうまく表示されていると思いますので、そのあたりのデザインポリシーは間違っていなかったと思っています。

内容では、実物の鉄道よりも模型をメインにした記事が増加したこと。これは以前よりも公私ともに出歩く機会がなくなったからですが、まぁ仕方がないかなと悟っています。その模型の記事にしても、取り組んだものの放置している案件(「みやび」など)も多く、続きを楽しみにしている読者がおられたら本当に申し訳ないのですが、期待しないで待っていただけると幸いです。

最愛のOS、Windows2000については、さすがにわが家でも3台(内serverが2台)を残すところとなり、Windows10が5台、Windows7が1台、Windows XPが2台の中で健闘していますが、ドメインコントローラー以外は普段はシャットダウンしています。今でもWindows2000は、インターフェイスの使い勝手、安定性、堅牢性は最強のOSだと思います。

アクセス数は、以前より減少(3年前と比較すると70%程度で推移)していますが、たまに爆発的に伸びること(Nexus7にポケモンGOを入れる記事など)があり、「時代はこういう内容を求めているのか」などと思うこともあります。単にアクセス数を伸ばそうと思えば、新鮮な話題の大量投入を行うか、物議を醸し出す記事を書けばいいのでしょうが、それが目的になってしまうと本末転倒だと思うので、あえて細々と自分が納得できる記事のみを発信しています。

最近では家庭の事情・仕事の都合もあり、なかなか自由に記事を書くこともできませんが、今後も細々と情報を発信していきますので変わらぬご閲覧をお待ちしております。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

シキ600・800・1000の建築限界を測ってみた。

2016年10月19日 正午の月齢:18.5  月名:寝待月  潮汐:中潮 月齢:18.5[寝待月] 潮汐:中潮 | 2か月前 | 旧暦:2016年09月19日 | 先負
In 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

大物車を実際に走らせるときに気になるのが、建築限界。実際の大物車による特大貨物輸送においても建築限界の制約は常につきまとうようです。

模型も同様で、走らせるときには建築限界を気にする必要があります。TOMIXの規格では下図のようになっています。たとえばC280の曲線での内側は17.8mm必要ということですね。

architectural-limit

さて、シキ600・800・1000を走らせるときにどれだけ内側の空間が必要なのか。カーブレールC280を使って実際に測ってみました。

architectural-limit2

測定方法はこのように、もっとも内側の寸法を拾って、軌道中心からの距離を求めます。TOMIXの道床幅は18.5mmなので、軌道中心からは9.25mm。それに道床端からの張り出し量を加えます。

まずはシキ1000。さすがTOMIXの車両だけあって、17.8mmの限界値に対し、わずか14mm。普通に作ったレイアウトであれば全然問題になりません。

次はシキ800。さすがに心配になる張り出し量ですが、意外と小さく、18mmでした。17.8mmの限界より0.2mm大きいものの、極端なカントでもつけていない限りたぶん大丈夫な気がします。

800-14

最後にシキ600。さすがに手ごわく、測定結果は21mmでした。これは気をつけないと、架線柱やトンネルで引っかかるかも知れません。

600-19

これを頭に入れて、今後のレイアウト作りに生かしましょう。作る機会があれば、ですケド。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>