スーパーカブ90のリアキャリアを延長してみた。

2017年09月16日 正午の月齢:25.7  月名:二十六夜  潮汐:若潮 月齢:25.7[二十六夜] 潮汐:若潮 | 7日前 | 旧暦:2017年07月26日 | 友引
スーパーカブ | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

スーパーカブをよく知らない人は、「スーパーカブはたくさん荷物を積める」と思いがちですが、それは積載装置があってのこと。と、前回書いたのですが、今回はその続き。後部側の積載量を強化します。

使ったのは、「東京堂純正リヤキャリア用延長キャリア」です。

純正のキャリア、ピリオンシートはそのままで、少しだけキャリアを延長することで積載量を増やすことができます。

まるでパズルのように、元々のキャリアに干渉しないように、左右4ヵ所のネジで固定されています。あまり重い荷物は載せられないけど、日常的な荷物なら問題なく使えそう。

その後、実際に大量の荷物を載せて、片道40kmほどの行程を無事に走りましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2017/09/supercub-rearcarrier.html/trackback

スーパーカブ90に2年ぶりに前かごを取り付けた。

2017年09月9日 正午の月齢:18.7  月名:寝待月  潮汐:中潮 月齢:18.7[寝待月] 潮汐:中潮 | 2週間前 | 旧暦:2017年07月19日 | 先勝
スーパーカブ | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

実は2年ほど前までは、前かごをつけていたのですが、経年劣化でかごのワイヤーの溶接が外れてきてぐらぐらになり、国道161号線を北上中にネジや金具もどこかに行ってしまって、結局くたくたになったかごを処分しました。

スーパーカブをよく知らない人は、「スーパーカブはたくさん荷物を積める」と思いがちですが、それは積載装置があってのこと。前かごがなく、後部座席にピリオンシートをつけていると、ホントに荷物を載せるところがありません。いまどきのスクーターのようにメットインのスペースもないし、足元にも置けないし。

やっぱり前かごがほしい!

というわけで、コーナンで自転車用のステンレス前かごを購入してきました。

これでようやく荷物を載せるところができましたー。

前回は、小さな金具でワイヤーを固定していたものの、力の具合から溶接が外れてしまいボヨンボヨンだったので、その反省から固定方法を変更。もともとの金具に加えて、ステンレスの金具でガッチガチに固定しました。

M6のボルト3本によって、ステンレスの板でかごを挟みこんで固定しているので、ちょっとくらいの衝撃ではビクともしない…と思います。両端はダブルナットで絶対に緩まないように。

これで安心して、遠征ができますネ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2017/09/supercub-basket.html/trackback

消防カブの赤いレッグシールドをあきらめた。

2017年09月3日 正午の月齢:12.7  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.7[十三夜] 潮汐:中潮 | 3週間前 | 旧暦:2017年07月13日 | 先勝
スーパーカブ | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

結婚前にユミコちゃんに誕生日プレゼントとして買ってあげた、消防署払い下げのスーパーカブC50。ところどころ騙しながら直してきた赤いレッグシールドは年月の経過とともにかなり風化してきました。

この車両の個性をもっとも表現しているパーツだったのでこのまま使い続けるつもりでしたが、ついに大破。

通勤途中の渋滞の中、クルマの間をすり抜けてきた女子高生の自転車によるファイナルベントで、レッグシールドは見事に砕けてしまいました。少しかすっただけなのにレッグシールドが砕け散ったのを見て女子高生がまごまごしていたので、「大丈夫?」と逆に気を使ってあげるジェントルな一面を見せて、そのまま出勤。まぁ、赤ではなくピンク色になったプラスチックを見て、脆くなっていることは想定内だったので、あまり気持ちは落ち込まなかったかなー。

さて、さっそくamazonでレッグシールドを購入しました。純正品じゃないけれど、同じ形で、値段も安い!

レッグシールドを外したときの、この鉄パイプ1本で構成されている車体の頼りなさ。何度見ても、慣れないなー。

さて、レッグシールドの色が変わるだけで、こんなふうに変わりました。

なんか、普通のスーパーカブになったなぁ。

でも、この蓋のところに、赤いレッグシールドは生き続けていますよ。

この白いレッグシールド、純正と形は同じなのですが、ホンダの刻印がないこと以外にも材質が異なります。少しアイボリーホワイトで透明感があって、乗るときに靴底のゴムが当たるとすぐに黒い筋が残るのです。荷台にかごをつけているので後ろから足を回して乗れないし、気をつけなければ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2017/09/firesupercubls.html/trackback