次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その10)・車止標識を行灯化

2012年07月05日 12時59分 正午の月齢:15.9  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.9[満月] 潮汐:大潮
8年前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

標識の箱ができたので、LEDの工作をします。久々に双眼ルーペを出してきて、極小はんだ付けを行いました。はんだ付け部分は瞬間接着剤を垂らして補強しておきます。

layout10_01

寸法もなんとか箱に収まりました。くふふ、ここまでは予定通り。さて、配線の処理をどうしようかな。

layout10_02

それから、このチップLEDはVF=2.0V、IF=20mAなので、標識をぼんやりと光らせる工夫が必要です。抵抗を使うか定電流ダイオードを使うかですが、安定した電源を使う予定なので抵抗でいいかな、と考えています。

layout10_04

電源は12Vを使うことにしました。2kΩ(1kΩ×2本)の抵抗を通しても十分明るく光ります。白いプラ板で作られた箱全体が煌々と輝くのが美しい。

layout10_06

もう1本抵抗を足して3kΩにしてみました。実装するときは1kΩ×3本ではなく、3.3kΩのチップ抵抗を使いたいなぁ。

layout10_05

まるで光の立方体。配線処理と5面を遮光して、1面に車止標識を貼り付けたら完成しそうです。んーでも明るさの調整がもう少し必要かも。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »