4線独立制御のコントローラーを作る。(その1)

2018年10月3日 正午の月齢:23.8  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.8[真夜中の月] 潮汐:小潮
2か月前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

今までいくつか鉄道模型のコントローラー(いわゆるパワーパック)を作ってきました。今回亀師匠からいただいた注文は前回同様の3系統の出力があるようなものだったのですが、せっかくの機会なのでさらに高付加価値なものを提供しようと思います。目標は1台で複々線のレイアウトを操ることができるコントローラー。規模の大きな運転会では制御機器まわりの配線がかなり大変になるので、これはなかなか使えるんじゃないかな、と個人的には思ってマス。

…「複々線を操る」なんて書くと大げさですが、簡単に言ってしまえば、1つのケースにコントローラー4個を入れてしまうってことなんですけどね。問題はいつものアルミケース(タカチ電機工業のTS-1)にうまく収まるのかっていうところです。

まずは外観から考えていきます。回路自体は7年前に作った3出力パワーパックの核の部分を使います。ざっくりと言えばダーリントントランジスタ2SD1830をエミッタフォロワで構成し、ベース電流を10kΩの可変抵抗でコントロールするという感じ。

パワーパックの外観

当初は各スイッチのみのシンプルなものをイメージしていたのですが、やっぱり電圧計はほしいなと思って、小さなディジタル電圧計を用意しました。いやー思いのほか安くてびっくり。4個買っても1000円しなかったのは嬉しいですね。方向スイッチは中点ありON-OFF-ONのトグルスイッチ、電源オンとともに電圧計の表示が動き出すので、パイロットランプは省略します。

その他の必要な部品も揃いましたよ。

部品

それでは加工していきましょう。

前の記事・次の記事

前の記事
次の記事

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/10/4pp_01.html/trackback

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ