パワーパックに電圧計と電流計をつけるよ(その4)・配線そして完成

2010年08月30日 18時00分 正午の月齢:20.4  月名:二十日余の月  潮汐:中潮 月齢:20.4[二十日余の月] 潮汐:中潮
(最終更新日:2019年09月15日)
10年前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

外部の加工が終わったので、内部の加工を始めます。

配線の加工

電圧計と電流計を取り付けるために回路を変更します。

回路図の変更

こんな風に追加しました。

計器への配線

他の電子部品と比べると、すごく…大きいです。

ケースの再組み立て

スイッチ類を元に戻し、配線を噛まないように組み立てます。

動作確認試運転

動作確認のため試運転してみます。計器の動作は良好。進行方向を切り替えても正しく動作しています。

電圧計・電流計取り付け完成

完成しました。トランジスタ式パワーパックへ電圧計・電流計の取り付け終了ですー。ここまでの費用は1台あたり約3000円(計器以外)+2000円=約5000円というところでしょうか。2台で10000円かぁ。安くはないですが、パワーパックとして欲しかった機能はすべて満たしているし、永く使えそうだし、納得のいく金額ですネ。

地鉄好きさんの「ノッチ式トラコンの製作」が、まるで姉妹品のようです。でもパイロットランプの有無で、機能的に負けました…。放熱性では勝ったかな。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »