KATO改造トラス橋のロングレール化。

2010年08月16日 17時00分 正午の月齢:6.4  月名:七日月  潮汐:小潮 月齢:6.4[七日月] 潮汐:小潮
10年前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

以前、KATOのトラス橋をTOMIX規格の280mmに改造したのですが、少し手を入れることにしました。手を入れても当分使う予定はないんですけど。

手を入れたトラス橋

元々の色があまりにもおもちゃっぽい朱色(橙色?)だったので、ウッドブラウンとレッドブラウンを使って彩度を落とすようにウェザリング。周囲からスプレーしただけなので実際の鉄粉の付き方とは全然違うのですが、少なくとも以前よりはマシになったような気がします。それからレールと道床も塗装しました。

トラス部分のウェザリング

塗装以外の改造として、端部に継ぎ足した端数調整のレールをハンダ付けしてロングレール化しました。

ハンダ付けしてロングレール化 ハンダ付けしてロングレール化

今までは道床断面を瞬間接着剤で接着していただけでしたが、レール自体を接合することにより、飛躍的に強度が高まったと思います。レール断面もKATOとTOMIXでは異なるので、引っかかるような段差があったのですが、接合後に削って滑らかにしたので、その問題も解決です。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »