河合タキ1900形のカプラーを交換

2014年10月27日 18時00分 正午の月齢:3.6  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.6[黄昏月] 潮汐:中潮
6年前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

タキ5450でタンク車の連結面間短縮に目覚めてしまいました。この調子でいろいろとやっていきます。次の獲物はタキ1900。

1900_99

オーバーハングが短くて手強い相手ですが、うまくいくかな。

1900_01

元々のアーノルトカプラーでは、間隔の広さが大きすぎることと、タンク車の構造上連結部分が丸見えになることから、現実離れしすぎ。もう何とかしてやりたくてたまりません。

とりあえず連結器をカトーカプラーにした状態。なんていうか、連結器だけは変わったものの、まだ広いなぁ。

1900_02

カプラーポケット内に加工を施した状態。うむ、いい感じになりました。

1900_03

タキ5450よりはオーバーハングが長くて、連結器の根元を薄くする加工は必要ありませんでした。

1900_97

別会社のタキ1900も同様に加工します。

1900_98

これでちょっとカッコよくなったかな。とりあえず機関車とのつなぎ部分はアーノルトカプラーのままですが、ここも加工しちゃおうかなぁ。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »