KATOのトラス橋をTOMIX規格にする。

2009年03月24日 正午の月齢:27.5  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.5[二十八日月] 潮汐:中潮 (最終更新日:2009年06月13日)
11年前に投稿 | 鉄道模型 | 1件のコメント

2分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

亀師匠からいただいたKATOのトラス橋S248T。しかし根っからのTOMIXレール派(っていうかKATOの規格がわからない)なので、このままではもったいないっ。TOMIXの規格に合うように280mmにしてみます。

17~18mmくらいに切り落とす

手持ちのレールから生け贄を選択します。今回の生け贄はS158.5。それとは別にジョイナーのドナーとしてもう1本S158.5を使いました。端から17mm狙いで目印をつけ、下面から金切り鋸で切断します。

別のレールにつないで16mmになるまで削る

寸法どおりに削るため、まずは別のレールに接続し、それから端部をやすりで削って16mmにします。

このままではジョイナーがはまらない 加工のためレールを抜く ジョイナー干渉部分を削る

これだけではジョイナーの入る部分がないので道床部分を加工します。一旦レールを抜き、ジョイナーの逃げの部分を削り取ります。工法に悩みましたが、結局カッターナイフ(幅の広いやつ)で抉るように削ってみました。

トラス部分とつなぐ

中央の枕木付近しか道床とレールが接していないので、かなりユルユルです。ひとまずトラス橋に繋いでみます、反対側にも別のレールを接続して、感触を確かめます。

瞬間接着剤で固める

形が整ったら、下面から瞬間接着剤を使って固めてしまいます。道床とトラス橋もガチガチに。道床下面の角穴からも接着剤を流して固定します。

延長が完了したトラス橋

このように、いい感じに仕上がりました。

さて、あとはもう1回同じ作業をすればS248T改280の完成なのですが…

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

1件のコメント

  1. KATO改造トラス橋のロングレール化。 | 煤式自動連結器からのピンバック | 2010年08月16日 #

    [...] 以前、KATOのトラス橋をTOMIX規格の280mmに改造したのですが、少し手を入れることにしました。手を入れても当分使う予定はないんですけど。 [...]

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »