「タケカワユキヒデ(ゴダイゴ)とアマービレフィルが茨木で奏でるあの名曲」に行った。

2022年02月04日 12時00分 正午の月齢:3.3  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.3[黄昏月] 潮汐:中潮
10か月前に投稿 | フルート | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

2022年1月28日、「タケカワユキヒデ(ゴダイゴ)とアマービレフィルが茨木で奏でるあの名曲」を堪能してきました。

いつもは仕事を定時の17時30分を過ぎても少しだらだらするんですけど、この日は17時30分ちょうどで上がって会場へ一目散に向かいました。でないと間に合わないからね。

このイベントを知ったのは、1月の最初のレッスンのときに先生から「今度タケカワユキヒデさんと共演するんですけど…(そのあとはもう覚えてない)」って聞いて、いやもうコレは行く以外の選択肢がないでしょうよ、いろんな意味で。

そんな感じですぐにチケットを買いました。B席だけど(S席は売り切れ。1階の後ろのほうのA席よりも、2階のせり出したB席のほうが見やすいことが多い。)全然問題なし。

当日の話に戻って。

2階席のど真ん中あたりだったので、タケカワユキヒデとその後ろにいるわが師をズドーンと見下ろすような感じで、とてもVIPな気分。

曲目はこんな感じ。

  • ガンダーラ
  • モンキーマジック
  • ビューティフルネーム
  • ホーリーアンドブライト
  • セレブレーション
  • Taking Off
  • 銀河鉄道999

…ほんと、あざとすぎる選曲だわ。

「銀河鉄道999」は、今回が初めてというアコースティックヴァージョン(タケカワ氏本人の言い方だと「しっとりヴァージョン」)もあって、いい意味で想定を裏切ってくれた濃厚な2時間なのでしたー。

古い記事・新しい記事

古い記事 [2022年01月24日]
新しい記事 [2022年03月07日]

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »