フルートは「最も体に悪い楽器」らしい。

2022年05月27日 12時00分 正午の月齢:26.6  月名:二十七日月  潮汐:中潮 月齢:26.6[二十七日月] 潮汐:中潮
2か月前に投稿 | フルート | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

たまたま見かけた「最も病気になりやすい楽器とは?」という記事。

そこに「不健康楽器ランキング」というのがありました。で、ずーっとスクロールして読んでいくと…

堂々の第1位はフルートです!

フルートは、管楽器の中で最も花形の笛ですが、かなり故障率が高い楽器だと言えます。

フルートは、一見すると華麗で楽そうに見えるのですが、左手、右手のどちらも、体の中心より右側に両手が来ているのに問題があります。

首も常に左に向いていますし、右手が遠く、左手が近く、と、左右バランスが物凄く悪い楽器です。

フルートの演奏姿勢は、バイオリンよりも過酷で、腰を痛めたり、肩を痛めたり、指が動かなくなったり、と様々な故障を引き起こします。

バイオリン・ビオラ・コントラバス・フルートは、完全な真正面を向いて弾くのが困難なため、姿勢の負担が大きいです。

んー、バイオリンのほうが姿勢としてはハードだと思うんです。顎と肩で楽器を支えるなんてかなり無理な姿勢ですよ。しかもお高い楽器を…。いやフルートも安くはないし構えは不安定だけどさ。

フルートは、始めた頃こそ肩こりや酸欠でハァハァしたものですが、「カラダに負担かかってるわぁ」なんて思ったことはないですね(まぁ1日あたり1~2時間だからかもしれないケド)。

ギターもなんか指が痛そうだし、ドラムも全身筋肉痛になりそう(YOSHIKIみたいに首も痛めそう)だし、音の大きな楽器はどれも難聴になりそうだし。どの楽器もガッツリやれば相当の負担はあるんでしょうねー。

古い記事・新しい記事

古い記事 [2022年04月20日]
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »