TOMIX 113系関西線快速色の車間を短縮してみた。

2019年08月13日 正午の月齢:12.4  月名:十三夜  潮汐:中潮 月齢:12.4[十三夜] 潮汐:中潮 (最終更新日:2019年08月22日)
2週間前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

113系関西線快速色を久々に引っ張り出して走らせてみたら、連結面の間隔がやたらと広いことに気づきました。以前はあまり気にならなかったんですけど、ちょっと目が肥えてきたのかも知れません。

113系

KATOカプラー密連型に交換はしたものの、間隔は狭くなっていなかったようです。測ってみると、6.5mm! これはいくらなんでも広すぎるー。

6.5mm

せめて5mmくらいにしたいと思い、手を入れることにしました。いったんカプラーをばらして、プラ板で後ろに下げるいつもの術式でいきます。

プラ板貼り

ひとまずプラ板片を貼り付けて組んでみたのですが、まだ間隔が広い。もう一段下げるために、カプラーのお尻部分を瞬間接着剤で固めて、削ります。

お尻削り

お尻を削った分、もう1枚プラ板を重ねることができます。これをカプラーポケットにぐいぐいと詰めてやります。

改修後

なんとか5mmくらいになりました。4.5mmになった車両もあります。並べると効果が一目瞭然。

間隔比較

ここまで変わると、編成全体を俯瞰したときの印象が全然違います。

というわけで、お金をかけずに実感が向上しましたー。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2019/08/tomix-113kdistance.html/trackback

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ