同軸ケーブルを屋外に出すために壁に穴を開けてしまった。

2018年12月3日 正午の月齢:25.8  月名:二十六夜  潮汐:若潮 月齢:25.8[二十六夜] 潮汐:若潮
1週間前に投稿 | アマチュア無線 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

取り急ぎ窓を少し開けて、ケーブルを通して受信できるかどうか試していたのですが、ユミコちゃんから「カメムシが入ってくる気がする」とクレームがありました。たしかによくカメムシが入ってきて、部屋中に芳醇なアロマをまきちらすことがあるのでこの指摘は納得できます。

となると、壁に穴を開けるしかないでしょう。

窓枠の斜め上あたりをコンコンとたたいて柱があるかどうかを確認し、たぶん大丈夫だろうなーという場所にエイヤーとドリルで穴を開けてみました。意外なことにこの部屋だけ石膏ボードではなくてコンパネでした。いくつかドリルで穴をあけて、大穴にしてみました。

壁に穴を開ける

すぐ右側には柱があり、コンコン大作戦はうまくいったようです。断熱材を掻き分けてみると…

板と板の隙間を見つけた

板と板の隙間から外壁のモルタルが見えるところがあります。ここがいちばん壁が薄いし、建物の強度にも影響せずに穴を開けられそう。いい勘してる自分をほめてあげたい。

完成後のイメージを把握しておくために、フェイスプレートの枠を両面テープで貼り付けてみます。こういう部分の処理は丁寧にしないと、いかにも「無線やるために工事しました」感があるとイヤなのです。

枠を貼る

それでは、コンクリート用のドリル刃に替えて、バリバリっとやってしまいます。スカーレットニードル!!

1 2

前の記事・次の記事

前の記事
次の記事

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/12/scarletneedle.html/trackback

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ