車両をつなぐ順番を覚えられないので、連結器付近に番号を振ってみた。

2017年12月13日 正午の月齢:25.0  月名:二十六夜  潮汐:若潮 月齢:25.0[二十六夜] 潮汐:若潮
9か月前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

もともと車両の向きや連結する順番を覚えるのは苦手だったのですが、最近ますます物事を覚えられなくなってきてしまいました。

このままではありえない編成を組んでしまいそうなので、どの連結器どうしをつなげればいいのかわかるように、目印をつけることにしました。

紙に印刷して両面テープを貼った番号シール

エクセルで連続した番号を作っただけです。印刷したら、両面テープを裏側に貼って剥離紙を残してハーフカット。ズバッと切ってしまってもいいんですけど、バラバラにするといろいろと大変なので。

連結器の近くに貼り付ける

こんな感じで、連結器の付近に番号を貼っておきます。

これで、車両の順序も車両の向きも間違うことなく、組成することができます。同じようなことをしている人は当然いるとは思うんですけど、意外と聞かないので小ネタとして記事にまとめてみました。

前の記事・次の記事

前の記事
次の記事

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2017/12/couplingnumber.html/trackback

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ