感謝祭用レイアウト(その5)レールの仮配置

2009年08月02日 15時05分 正午の月齢:11.4  月名:十二日月  潮汐:中潮 月齢:11.4[十二日月] 潮汐:中潮
11年前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

電動ポイント6個と手動ポイント2個を入手したので、信号場モジュール作業再開です。転轍頻度の少ない最内側を手動ポイントにしたけれど、やっぱり電動で揃えたほうが良かったかなと思ったり、全部手動ポイントでも良かったかなと思ったり、今でも考え方が揺らいでいます。

まずは、コンビネーションボードAに固定用の穴をあけ、2つのボードをつなぎます。

2枚のボードをボルトで固定

φ6の穴にφ4のボルトで、しっかりと固定。ワッシャー入れたほうが良かったかも。

配線を確認

駅モジュールと並べて、線路を仮配置してみました。

有効長を確認

うーん…有効長が短いナァ。上から順に5両、4両、4両、3両が限界。いちばん上は写真のように接触限界ぎりぎりまで寄せれば、6両入らないこともないですがちょっと無理矢理な感じがして非現実的ですネ。

駅モジュールからの俯瞰 信号場モジュールからの俯瞰

角度を変えながら、情景のプランを構想。

情景の下書き

鉛筆で一気に下書き。道路の配置と建物を配置する場所を切り分けます。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »