レイアウト制作のリハビリテーションのためのレイアウト(その8)

2008年09月20日 正午の月齢:20.7  月名:二十日余の月  潮汐:中潮 月齢:20.7[二十日余の月] 潮汐:中潮 | 9年前 | 旧暦:2008年08月21日 | 仏滅
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は9年以上前のものです。情報が古い場合があります。

商店が完成しましたー。

商店6店舗

仕上がりには怪しい部分もありますが、とりあえずこーゆー工作が中学生のときからご無沙汰であることを考えると、悪くないかな、と思います。裏口にゴミ箱を置いたり、植木鉢を置いたり、もっと真実に迫りたいなぁ。(そんなところにこだわりすぎて時間がかかるのですが・・・)さて、ベニヤ剥き出しの寂しい駅前に置いてみましょ。

駅前に商店を仮配置

ふむふむ、悪くないナァ。けど、6軒全部を配置したら駅前が賑わいすぎてダメっぽい。うーん、難しい。ところで、裏で進行中の文化展出店用本番レイアウトのほうもちょっと前進。今日作ったのは・・・

AZZ System人形

はい、人形の塗装だけです。ジェイアール西日本メンテックのアズクルーを再現してみました。人形の塗装は初めての経験ですが、難易度高すぎ。指先はプルプル、目はショボショボ。工場の人々を素材に使ったので、シルエットは悪くないですが、女子がいません。米原はるかのような娘を再現したいけれど、いい素材があるかどうか、ですね。んー、本番レイアウト、前進したと言えるのか・・・亀師匠はなかなかいい具合に進んでいるようですが。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/09/rehabilitation-layout_8.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。