「奥出雲おろち号」の指定席を確保できた。

2023年10月02日 12時00分 正午の月齢:17.4  月名:居待月  潮汐:中潮 月齢:17.4[居待月] 潮汐:中潮
2か月前に投稿 | 鉄道全般 | 1件のコメント

2分ぐらいで読めます。

2023年11月23日で運行を終了する「奥出雲おろち号」。以前乗ったのは、ムーンライト八重垣との乗り継ぎで乗った記憶があるからもう20年以上前のことかな。

佳奈が乗りたいって言うものだから、久々に10時打ちで指定券を狙います。

最近はみどりの窓口が少なくて、10時打ちをどこでやろうかと考えていたのですが、結局時間的な制約から最寄りの長岡京駅で挑戦することとなりました。9時50分頃に駅に着き、指定券の申込書に第1希望木次→備後落合、第2希望備後落合→木次と記入。9時53分に列に並ぶ。窓口は1か所しかなくて先客2人。9時55分に自分の順番になったけれどまだ時間があるので、次の人に「お先にどうぞ」と声を掛けたら別の列車の10時打ち狙いのようだったので、さらにその次の人に声を掛けてその時を待ちます。

いよいよ10時が近づき、スタンバイしてもらいます…そして10時00分。

結果的に、木次→備後落合と、備後落合→木次の両方を確保することができました。席はもう取れればどこでもよかったのですが、ほぼ団体枠で抑えられていたようで隙間のような席しか取れませんでした。席の数から考えても、たぶん瞬殺モードだったと思います。

それでもそんなにバラバラでもなく(通路をはさんでBC席・間に1人はさんでBD席)、数少ない一般枠を往復とも取れたっていうのは結果的には大成功。

往復あわせると乗車時間は5時間半に及ぶのですが、貨車ベースのトロッコではなく12系客車ベース(しかも控車に逃げ込める)なので、乗り心地の心配もないと思います。

そんなわけで来月には「奥出雲おろち号」の記事が書けそう。

古い記事・新しい記事

古い記事 [2023年06月21日]
新しい記事 [2023年10月04日]

1件のコメント »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

  1. 運行終了まで1か月を切った「奥出雲おろち号」に乗ってきた。 | 煤式自動連結器からのピンバック | 2023年11月08日 #

    […] 「奥出雲おろち号」の指定席を確保できた。 2023年11月23日で運行を終了する「奥出雲おろち号」。以前乗ったのは、ムーンライト八重垣との乗り継ぎで乗った記憶があるからもう20年 […]

コメントをどうぞ

Translate »