GREENMAX マルチプルタイタンパーのドローバーを実用的に改造する。

2021年11月12日 12時00分 正午の月齢:7.6  月名:弓張月(上弦)  潮汐:小潮 月齢:7.6[弓張月(上弦)] 潮汐:小潮
4週間前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

5分ぐらいで読めます。

先日入手したグリーンマックス4709 マルチプルタイタンパー09-16プラッサー&トイラー純正色。

2種類のドローバーが入っていて、長いほうは曲線走行に問題はないけれど広すぎる・短いほうはヴィジュアル的にはかっこいいけれど曲線走行に支障がありそう。ということでちょっと確認してみました。

ドローバーの長さ比べ。

ドローバーの長さくらべ

短いほうが13mm、長いほうが20mm。1.54倍長さが違います。

ちなみに、日本人のドローバーも平常時8.5cm、勃起時13cmで1.53倍。この車両とほぼ同じ。…まぁ深い意味はないんだけどさ。

で、短いほうのドローバーを使うと曲線通過時に車両どうしが干渉するかもということで、試しにカーブレールC280に載せてみました。

C280に載せる

うわーぶつかってますね。カントなしでこの状態だから、カントがあると脱線・転覆の可能性もありそうです。かといって長いのをそのままつけるとカッコ悪いし…

長さももちろんなんだけど、ドローバーの回転中心が車端中央にあるっていうのも原因のひとつです。旋回することによって連結器の長さが車両に近づくことで相対的に連結器が短くなってしまうんですよね。台車マウントだとこの変位量が少ないんだけど。

旋回中心が車端にある

ということで、台車マウントに改造してしまおうかと考えました。

けど、入手していきなり大手術するのもなんだかなぁ。それから台車マウント化によって車体を削ったりディテールをつぶすのももったいないし。あと売り飛ばすときに査定が下がりそう(売る気全然ないけどね)。といった理由で思いとどまりました。

「原状回復できて、できるだけ連結面間隔を詰めて、しかもカーブをぐりんぐりん曲がれるようにしたい。」もわーんと頭の中に設計図が浮かんできたゾ。

まず、台車を外します。それから黄色のタンクっぽいパーツも外します。このパーツは捨てずに持っておいたほうがいいと思う。元に戻すときに使うからね。

台車とタンクを外す

次に、連結器受けを外します。

連結器受けを外す

穴をあける場所をよーく見定めてマーキングします。ここです。欲を出してここよりも台車側にするとフランジと干渉してしまうよ。

穴位置を決める

ドリルで穴をあけますが、まず0.5mmで下穴、0.9mmで拡張したあと、1.0mmでリーミング。ホントは0.95mmくらいを狙いたいところ。あれ? なんかピカチュウっぽい。

穴をあける

連結器受けをつけてみます。うまくいったら接着剤もいらずにはめ込むだけで固定されますよ。しくじった人はゴム糊を少しつけてくださいな。

連結器受けをつける

台車をつけてみましょう。設計どおりなら、紙一重でフランジとかすらないと思います。少々かすっても急カーブを通過しなければ問題ないし、支障をきたすときは連結器受けの角の部分を少し削ってごまかしましょう。ボクは…ふふん、もちろん一発でキメましたよ。

台車をつける

台車が干渉しないことが確認できたら、いよいよドローバー。実はドローバーは作るのではなく、長いほうのものをそのまま使うのです。

連結してみる

連結させてみるとこんな感じ。どれくらい曲がれるかっていうと…

曲がれる限界

不必要なくらいにめっちゃ曲がれます。穴2個あけただけで大変身しました。

C280に載せてみる

C280に載せてみると…あと1mmから2mmくらいは詰めることができそうなのですが、もともとの長いドローバーを無加工で使っているのでここは妥協するところかな。ドローバーを自作するか、マテリアルワゴン側にも加工を施せるなら、さらに見栄えが良くなりそう。

測ってみたので比べましょう。まずは短いドローバーを使ったとき。間隔は3mmから4mmくらいってところかな。見た目は最高・走れば脱線リスク。

短いドローバーを使ったとき

長いドローバーを使ったとき。10mmくらい。ガバガバですわ。この車両に関してはこれはこれでアリってな気になるけどね。

長いドローバーを使ったとき

で、加工後。

加工後

6~7mmくらいになりました。なかなかいい感じだけど、ホントはあと1mm詰めたいっ!! でもこれでも十分に満足ですよ。

マテリアルワゴンの床下

マテリアルワゴンの床下も加工しようとしたけれど、分解の方法がわからなかったのであきらめたのでした。

試運転しているうちに気づいたことがあります。

S字カーブだと曲がれない…

S字のときは車両のオーバーハングがお互い逆方向に振るため、さらにドローバーの左右の振り幅が大きくなります。これに対応するには、車体を削るか、関節付きのドローバーを作るか、さらなる別の方法か、いずれかの対策をしないと脱線して走れません。これは今後の課題ということで。

原則的にはマルチプルタイタンパーは「置き物」ですからね。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »