車運車ク5000のために自動車積卸装置を作ってみようとした。

2021年10月25日 12時00分 正午の月齢:19.0  月名:更待月  潮汐:中潮 月齢:19.0[更待月] 潮汐:中潮
1か月前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

3分ぐらいで読めます。

以前どっぷりハマって、かき集めたKATOの車運車ク5000。自動車をきちんと載せるのがめんどうで、あまり走らせることないケド。

最近またク5000のことが頭に浮かぶので、作ってみることにしました。「自動車積卸装置」を。

自動車積卸装置とは、車運車に自動車を載せるための装置。実は実物を見たことがなくて、昔二条駅にク5000が放置されていたときにも見た記憶がありません。二条駅にもあったみたいだけどもっと前のことなのかも。1969年…うん生まれたのは1972年だからね。

山陰本線二条駅

「ク5000」鉄道写真家 岩堀春夫のblog

とか、

百済駅における車両積卸風景_天鉄局30年史

「国鉄時代の二条駅、備忘録」国鉄があった時代blog版

この写真は右端のほうに下段に積み込むときの様子が少しだけ写っていますね。意外と自動車積卸装置が下段モードになっている画像が出てこないんですよ。これはかなり貴重かも。

ほかにもいろいろと自動車積卸装置の画像をあさってみました。

自走式自動車積卸装置

貨車のアルバム 無蓋車

自走式積み込み機

相模線~新幹線~湘南モノレール1970年

上段モードと下段モードがわかりやすい。

車運車用自動車積卸機

車運車用自動車積卸機

車運車用自動車積卸機■人生急行便■

これは基地(貨物駅)全体のイメージ。

新しい日本の鉄道(カラーブックス)保育社

こんな感じでいろんな資料となるサイトを物色していたら、こんなものが…すでにあるんかいっ!

自動車積卸装置

「貨物駅プレート基本セット」鉄道模型ホビーセンターカトーオンラインショップ

ク5000用自動車積卸装置

第59回全日本模型ホビーショー(その5)

下段モードにもできるの?! …ということで、自作についてはちょっと(かなり)萎えてしまったのですけど、せっかくなのでもう少し調べてみました。平坦な基地で自動車積卸装置を使う方法のほかに、自動車積載の設備を備えた基地もあったようですね。

ク5000の車輌積み込み用スロープ

関東旅行記・1

ク5000の荷役設備

ウタのジャンプ台 宇都宮貨物ターミナル

このスロープは左右に動くようです。またプラットホームには連結器が付いていて、ク5000をホームに連結することで車両が動いてホームと離れないようになっているみたい。

貨車への車積載設備

追記★私流の勉強(31)…おんぶ式は結局ダッコにおんぶ?[近未来鉄道論]

下段に積み込むときはホーム上からそのまま搭載し、上段に載せるときはスロープを使うっていうことですね。模型化したらかなり面白そう! ク5000専用になってしまうけど。

で、これも市販されているんだ…需要あるの? (いや少しはあるんだろうけどさボクみたいなのいると思うから。)

ク5000車搬入出用スロープ

ク5000車搬入出スロープ(2線横移動式))(組み立てキット)

はい、こちらも自作スピリッツが萎えましたー。

ということで作ろうとして結局今回は自走式も固定設備も作らなかったわけですが、でもきっと本当に欲しくなったときは市販品じゃなくて自作すると思う。そのときのための資料集めになったという意味ではホント勉強になったし、今と全然違う高度成長期の鉄道の魅力を再発見したってことでヨシとしましょう。今のうちに何気ない写真撮っておいたら、50年後に資料的価値のあるものになるかも。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »