マイクロエース EF65-1012初期型JR貨物更新機をKATOカプラーに改造した。

2021年09月06日 12時00分 正午の月齢:28.9  月名:二十九日月  潮汐:大潮 月齢:28.9[二十九日月] 潮汐:大潮
2週間前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

4分ぐらいで読めます。

ずっと放置していた、マイクロエース A1782 EF65-1012初期型JR貨物更新機。細かい造形の作りこみが際立つシロモノ。逆に手すり等のパーツが大げさすぎるかもしれないけど。

A1782

放置していた理由はこの製品のクセがすごいからなのですが、そのクセとは…

ダミーカプラー アーノルトカプラー

「連結できないダミーカプラー」か「(関節の位置そこ?!って言いたくなる)ブサイクを極めたアーノルトカプラー」しか選択肢がないっていうところなのです。わが所有車両はすべてKATOカプラーにしているので、どちらにせよこのままでは単機で走らせるくらいしか楽しみようがない。

そんなわけで、ようやくその気になったので、カプラーの改造をしてみます。

いつもどおり先人の知恵を拝借したいところですが、なにしろ古い情報しかなくて。

んー、工法から考える必要があるみたい。

カプラーが首を振る必要があるので、使うとすれば「EF66ナックル」か「かもめナックル」の穴に軸を通す構造にしなければなりません。まずは既存のカプラーの高さを確認します。

TR23

TR23で、アーノルトカプラーの高さを確認しました。シキ1000に替えてみます。

シキ1000

少し高めのほうがいいかな。次はカプラー同士の形の確認。

カプラー比較

付け根基準で考えると、かもめナックルはかなり高い位置にカプラーが来るような気がします。EF66ナックルだったらちょうどいいかなーということでEF66ナックルを使って作業をすすめます。

EF66ナックル

このままではスカートの中に収めるのは難しそう。っていうか絶対入らない。

スカートとの現物合わせ

瞬間接着剤でカプラーの根元部分を分解しないように固めたあと、カプラーの周りをできる限り削り落としてみます。

カプラーの根元を削る

次にスカートの穴を拡張しましょう。カッターナイフでコリコリコリコリ…これくらいでいいかな。

穴の拡張

ためしにカプラーを差し込んでみて高さ合わせ。

高さ合わせ

おっ、いいんじゃない。では軸を加工しましょう。まずはスカートの上下に0.5mmのピンバイスで穴をあけます。場所はこのあたり。

穴あけ

0.5mm真鍮線でカプラーの穴を貫きます。余分な真鍮線をカットしたらできあがり。

軸をつける

うんうんピッタリですね。カプラーの穴と真鍮線の隙間が大きいので、無連結だったり連結していてもテンションがかかっていないときはカプラーが少し下を向くのですが、牽引してテンションがかかると大丈夫です。

高さ確認

ためしにいろいろな車両をつないで走らせてみました。C280でS字を組んでみたのですが、ボギー車は問題なく通過できたけれど、2軸貨車は必ず脱線します。めちゃめちゃ重くしたら踏ん張ってくれるかもしれないけれどそれもどうかと思うし…

試運転

逆エンドも同様の加工をするのですが、どうやらEF66ナックルは先ほど使ったのが最後のモノだったみたいなので、こちらにはかもめナックルを使ってみます。かもめナックルのほうが削る量が少なくてラクちん。

かもめナックル

同様に真鍮線を突き刺します。キュピーン、ブチュ。

真鍮線を刺す

高さを確認してみましょう。EF66ナックルよりは高い位置だけど、全然問題ないですね。連結する車両によってはこれくらいのほうがいいかもしれません。

高さ確認

相変わらず2軸貨車&S字曲線の通過はできませんでしたが、ボギー車を牽引できるだけで上出来ですネ。これでいろいろと運用の幅が広がりますよ。

毒タキ牽引

毒タキを牽引させてみました。この車両も軽いのですが、かもめナックル側で牽引するとカーブに差し掛かったところで脱線するようです。連結相手ごとに、どちらの連結器がいいかっていう相性がありそうな気がします。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »