Excelで、ブックを閉じるときに自動的に上書き保存させたい。

2019年01月15日 正午の月齢:9.4  月名:十日月  潮汐:長潮 月齢:9.4[十日月] 潮汐:長潮
1か月前に投稿 | ソフトウェア | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

人事部で仕事をしているときはあまり気にならなかったのですが、現場管理に携わってから日々のチェックシートのようなものが多くて、ファイルを開いてちょこっと入力して閉じるようなものばかり。上書き保存の操作がなんだかめんどくさくなってきました。

「ファイルを閉じたときに自動的に上書きしてくれないかなー。」と検索してみたら、すぐに答えが見つかりましたー。

Sub Auto_Close()
If ThisWorkbook.Saved = False Then
ThisWorkbook.Save
End If
End Sub

Excelでブックを閉じるときに表示される"変更を保存しますか?"というメッセージを非表示にする方法

Visual Basic Editorを起動して、ツールバーの「挿入」から「標準モジュール」を選びます。その中の「Module1」のところに上記のコードを追加し、Visual Basic Editorを閉じて、ブックを「Excel マクロ有効ブック」形式で保存します。これでブックを閉じるときに自動的に上書き保存されて、ほんの少し快適にお仕事できるようになりましたー。

ただしデメリットとして、ブックを開いて中身をちょっと確認して閉じるだけでもいちいち保存されるんですけどね。

前の記事・次の記事

前の記事
次の記事

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2019/01/excel-autooverwrite.html/trackback

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ