エックスサーバーのAWStatsをWindows8に対応させてみた。

2013年05月13日 18時00分 正午の月齢:3.5  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.5[黄昏月] 潮汐:中潮
(最終更新日:2019年09月02日)
7年前に投稿 | ウェブ・IT関係 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

Windows8の市場シェアがようやく3%を超えたようです。ま、積極的にOSを乗り換えたというよりも店頭売りのパソコンにWindows8が載っているからパソコンを買ったら自動的にWindows8を使ってしまったということなんでしょうけど。

さてさて、ウェブサイトの解析に使っているAWStatsですが、そろそろWindows8ユーザーについても把握したくなってきました。というわけで、ちょっと手を加えましょう。

前回(Windows7対応)のように手でグリグリと書き換えても良かったのですが、せっかく既製品があるのでありがたくそれを使わせてもらうことにしました。

「public_html/awstats/lib/operating_systems.pm」を、最新のAWStats7.1.1をダウンロードして解凍し、awstats-7.1.1フォルダの中から「wwwroot\cgi-bin\lib\operating_systems.pm」を上書きアップロード。

aws-win

あ、アイコンがないなぁ。なんか適当に作って放り込んでおきましょっと。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »