文化展用合同レイアウト(その21)結合・運搬・展示

2009年02月23日 01時01分 正午の月齢:28.2  月名:二十九日月  潮汐:大潮 月齢:28.2[二十九日月] 潮汐:大潮
(最終更新日:2009年06月13日)
12年前に投稿 | 鉄道模型 | 1件のコメント

2分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

さてさて、完成した3つのモジュールを会場である大阪国際会議場特別会議場へ運搬します。だいたいこんなところで鉄道模型を走らせるなんて、もうそれだけで普通じゃないわけですが。

まずは搬出前のチェックから。

3モジュール結合テスト 搬出前耐落下試験

3つのモジュールを並べて、つながり具合の確認。左右2つのモジュールの風景のつながり具合とレール寸法誤差は良好でしたが、駅モジュールを加えたチェックでも特に問題ないようなので搬出するとしましょう。

左右モジュール積載 駅モジュール積載

2往復しないと運べないかな、と思っていたのですが、なんとかラウムの車内に収まった3枚のモジュール。これで1回で運べますー。

右コーナーモジュール展示 左コーナーモジュールとカメラカー用画面 展示物全景 展示物全景

ループ線は最も手前に、車両基地は最も奥に、駅はその手前に。他の出展者のモジュールと結合すると、600mm×7200mmの大きなレイアウトが姿を現しました。

右コーナーモジュール試運転 右コーナーモジュール試運転

いろいろと試運転したところ、3枚のモジュールとも問題なく走ってくれます。唯一の問題は車両(編成)によっては、ループ線の6%勾配を上りきれないこと。あとは他の出展者のモジュールにおいて、バラストと干渉したり、設置物と干渉したり、バリアブルレールでちょっとアレな場所もありますが、自分の責任の範囲はなんとか問題なしなのでとりあえず安心しました。

それでは、最後に…

亀師匠の作品 亀師匠の作品

亀師匠の実にお見事な作品、アーチ橋です。0.5mmプラ板だけで作られているとは思えない完成度です!!

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

1件のコメント

  1. 感謝祭用レイアウト(その1)制作開始 | 煤式自動連結器からのピンバック | 2010年05月01日 #

    [...] 2009年2月、文化展用合同レイアウトで燃え尽きて以来、ほぼ放置していたレイアウト。1回だけ風であおられてこけたときに手を入れた程度でした。 [...]

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »