次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その70)・調整用ボードの仕上げ

2013年12月9日 正午の月齢:6.5  月名:七日月  潮汐:小潮 月齢:6.5[七日月] 潮汐:小潮 | 3年前 | 旧暦:2013年11月07日 | 大安
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その70)・調整用ボードの仕上げ はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は3年以上前のものです。情報が古い場合があります。

ちょっとカラーパウダーを撒いてみたり。

next-exhibition70_01

土の色ってこんなに茶色でもないので、学校の運動場か公園から砂を拾ってこようと思いつつ、なかなか拾いに行けないので結局茶色のカラーパウダーに頼ってしまうのですよ。

さて、本来の作業を無視して、今日は調整用ボードの作成。

モジュールを集合させるレイアウトの仕様上、場合によってはどうしても1枚分空いてしまうなんてことがあります。前回の文化展でも作品が間に合わなかった人の場所に挿入しましたが今回も同じものを使いましょう。

と言っても、生のレイアウトボードのままっていうのもアレなので、今回は塗装してみました。

next-exhibition70_02 next-exhibition70_03

全体をつや消し黒のペンキでこってりと塗り、新たに架線柱を建てました。塗り分け部分のバラストを撒きなおして、あっさりと完成。軌道部分だけがリアルな、変なボードに仕上がりました。

文化展まであと8日・・・

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。