WordPressプラグイン「qTranslate」で多言語化してみた。

2012年05月8日 正午の月齢:17.2  月名:居待月  潮汐:中潮 月齢:17.2[居待月] 潮汐:中潮 | 5年前 | 旧暦:2012年閏03月18日 | 友引
In WordPress | WordPressプラグイン「qTranslate」で多言語化してみた。 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

この記事は4年以上前のものです。情報が古い場合があります。

前回の記事において紹介した京津文化フォーラム82のサイトは当初から多言語化を企てていたのですが、いくつか多言語化のプラグインはあるものの、使いやすそうだなと思ったのが「qTranslate」です。

一般的な投稿・固定ページ画面はこのような感じ。

normaltemplate

プラグインを有効化すると、このようにタイトルと入力タブが多言語化。

qttemplate

これで、入力していきます。

言語の切り替えはウィジェットに配置するか、テーマファイルの任意の場所に、<?php echo qtrans_generateLanguageSelectCode('●●●●'); ?>を書きます。●●●●のところは「text」「image」「both」「dropdown」と選択できますが、bothにしてみました。(ウィジェットの場合は「Text only」「Image only」「Text and Image」「Dropdown Box」のうちのText and Imageです。最初は直接記述していましたが、その後ウィジェットに改めました。)

また、設定画面の中のAdvanced Settingsの項目にURL Modification Modeという項目があり、

  • Use Query Mode (?lang=en)
  • Use Pre-Path Mode (Default, puts /en/ in front of URL)
  • Use Pre-Domain Mode (uses http://en.yoursite.com)

という感じで3タイプのURLの書き方を選ぶことができます。今回はいちばん使いやすい(だろうと思う)Query Modeにしてみました。

あと、ブログのタイトルやリンクなど、多言語化されていない入力欄については、[:ja]ブログタイトル[:en]weblog titleのように書くことでちゃんと処理してくれます。テーマファイルに直書きで言語選択させたい場合は<?php _e("<!--:ja-->フィード<!--:--><!--:en-->feed<!--:-->"); ?>のように埋め込むことで実現できます。

それからAnother HTML-lint gatewayでチェックしてみると、言語切り替えスイッチの中に空のdiv要素が生成されていて減点されるので、直接プラグインのファイルを編集してこのdiv要素を出力する箇所(2ヵ所)を削りました。それがどのような影響を及ぼすのかよくわかりませんが、少なくとも言語切り替えにbothを選択している限りでは大丈夫なような気がします。(dropdownはもしかしたら影響あるかも・・・)

参考にしたサイトはここらへん。

こんな感じで、初の多言語対応は無事に終わりましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。