チップLEDで前照灯をつくるよ。(その2)

2011年05月16日 正午の月齢:13.2  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.2[待宵月] 潮汐:大潮 | 6年前 | 旧暦:2011年04月14日 | 大安
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

週末はちっとも作業が進まない(普通、週末の方が作業がはかどりそうなものですが、我が家の場合は伊織・佳奈・真綾・翼の世話で消耗してしまって週末はダメなんです。)ので、ほんの少しの前進ですがご容赦くださいませ。

2個目のLEDユニットを作ったので、明るさを決めるテストを行いました。

白色LED点灯確認

18mAの定電流ダイオードを使った場合、このように白く輝きます。この回路にボディーをかぶせて、前照灯位置に当ててみると、非現実的な明るさの白い光束が確認できます。

電流を減らそうかな、とほんの一瞬考えたのですが、「首振りカメラ+前照灯」というコンセプトカーなのだから、くどいくらいでいいでしょ。と考えて18mAのままで行きます。

計器の様子

自作パワーパックの最高電圧を掛け続けて耐久テスト。2.5Vあたりからボーっと光り始め、3Vあたりからは電圧を高くしていっても同じくらいの明るさ。よしよし。

これをどのように組み込むか、つまりシャーシ側に付けるのか、ボディー側に付けるのか。脳内でいろいろと考えながら白い光を眺めて作業終了です。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2011/05/chip-led_02.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。