キーボード交換。Mebius MURAMASA MT1-H1S

2009年12月31日 正午の月齢:15.0  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.0[満月] 潮汐:大潮 | 8年前 | 旧暦:2009年11月16日 | 友引
ハードウェア | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

この記事は7年以上前のものです。情報が古い場合があります。

いつまで使う気? シャープMebius MURAMASA MT1-H1S。最近キーボードのENTERキーの反応が悪くなってきたので、ネットブックの購入も考えたものの、どうも要件を満たす製品がない・・・。(そもそもWindows2000じゃない時点ですべての要件は満たされないんですが、それを別にしてもCFスロットがないとか画面の縦方向が600pxしかないとか。)

そんなわけで、いけるとこまで現行の愛機でいこうと決意し、新品キーボードを購入しようと考えました。でもさすがに10年前の設計のパソコンに6000円出すのもどうかと考え、リスクはありますがYahoo!オークションでキーボードを2000円で入手しました。

それでは、さっそく取り付けてみましょう。キーボード交換術、オペ開始。

カバーのバラシは、以前SSDに換装したときと同じなので割愛します。

ここからが、初めての術式となります。

キーボード上部のネジをはずします。右側のリンク機構はドライバーを一回り大きなサイズで。写真ではフレーム側にワッシャーが残っていますが、これも取り除いておきます。電源ボタン付近のネジもはずします。しかしこれだけではキーボードは外れません。

交換用のキーボードを下面に載せて、ネジの位置を探ります。キーボードの裏に金色のボスが付いているところがネジ穴。そのうちカバーと共締めではない部分を見つけます。

PCカードスロット近くの黒いネジをはずします。

中央の上寄りあたりの絶縁シートをぺろんとめくるとネジがありました。シートをめくりつつネジをはずします。

これでキーボードが外れました。シート状のケーブルをはずします。白い部品を左右均等にマイナスドライバーで右へ押して・・・

うまく外れても気を抜かないっ! 新旧のキーボードがどちらかわからなくなるといけないので、置く位置に注意します。どちらも中古でテカリ具合も似ているので、ホントわからないんですぅ。

取り付ける前に基板(緑色の部分ネ)を右に引いて、ボタンをせり出しておきます。しかしよくできている機構ですなぁ。

ケーブルを差し、4点のネジを締めてキーボードを固定したら、電源を投入して動作確認。問題なく動きましたー。あとは逆の手順でカバーを戻し、オペ終了。所要時間は1時間くらいでした。

これで2010年もWindows2000のみで過ごせるぞイヒヒ。我が家に次世代OSが来るのは果たしていつになるのでしょうか・・・。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/12/keyboard-mebius.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。