トレインスコープ TC-9を台車連動首振りにしたいっ。(その6)

2009年08月20日 正午の月齢:29.4  月名:月隠  潮汐:大潮 月齢:29.4[月隠] 潮汐:大潮 | 8年前 | 旧暦:2009年07月01日 | 先勝
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

リンク機構の作成part2。カメラを回すブラケットを作ります。

位置決め

手頃なワッシャーがあったので、旋回範囲を考えながら位置決め。元々穴が開いているので自動的に軸の位置が決まってくれます。

ブラケット軸穴

φ0.9mmピンバイスで下穴をあけ、φ2.0mmのドリル刃を握って穴あけ。その後φ2.5mmのドリル刃でリーミング。

ブラケット軸 ブラケット軸受頭 カメラ側リンクブラケット

軸にはφ2.0mmのプラ棒を長さ2.5mmで使用することにします。車体下部抜け止めは0.5mmプラ板をφ4.0mmに切り出します。ブラケット本体は正確な寸法を出していません。こんなくらいかなー、という気持ちで切り出しました。中央に軸を接着します。

パーツが揃いました

カメラの台座として0.5mmプラ板をφ14.5mmくらいに切り出します。2本のロッドはφ0.5mm真鍮棒をプラ棒に巻きつけて一端をリング状にします。これで材料は揃いました。

左旋回確認 右旋回確認

台車側のロッド間は10.5mm程度なので、ブラケット側は8.0mmくらいにしてみます。軸中心から4.0mm離れた場所にφ0.9mmの穴をそれぞれあけます。真鍮棒を仮に組んでみて動作のテスト。想定よりも角度が増幅されずに台車とほぼ平行に動きます。穴の距離は6.0mm~7.0mmくらいでもよかったカナ。

真鍮線末端を加工

仮組みだった真鍮棒を加工。一旦台車を外し、ブラケットを車台に取り付けて軸の抜け止めを接着。その後台車を最取り付けします。取り付ける際にロッドのリング部分に台車からの棒を通します。

台座の接着

ブラケット中央に適度な大きさの0.5mmプラ板を挟んで、台座を接着。台車から伸びている棒はもっと短くてもいいのですが今のところこのままです。

台車連動機構の動画です。車体幅の中に収まりつつ首を振ってくれます。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/08/tc-9_06.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。