文化展用合同レイアウト(その8)第4種踏切を作る

2008年11月17日 正午の月齢:19.5  月名:更待月  潮汐:中潮 月齢:19.5[更待月] 潮汐:中潮 | 9年前 | 旧暦:2008年10月20日 | 大安
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は9年以上前のものです。情報が古い場合があります。

最近ご無沙汰だったレイアウト制作。先日とりあえず完成させた左コーナーモジュールには全方位を線路に囲まれた畑があり、このままでは農作業に行けません。(地方だったらお構いなしに線路横断するところもあるケドさ。)

というわけで、踏切をつけましょう。大好きな第4種踏切とします。右コーナーモジュールにも踏切を作る予定なのですが、こちらはできれば第1種踏切にしたいなー。作戦としては、アパート→文化住宅の時と同様に、まず既製品を買ってから加工しようという安易な考えでジオコレの踏切を購入。結果、がっかりしました。なんやコレは。パッケージの写真を見る限りそんなに悪い感じではないのに、実物を見て奈落の底に。自作しかない・・・。

自作踏切 塗装前

材料も大したものがないので、Illustratorでサクサクと作って(←PDFでよければどうぞ)プロフォトペーパーにインクジェットプリンタで印刷したものをそのまま使います。プラ板とかないです。あったとしても厚すぎるとジオコレの二の舞なので、紙ベースでいきます。 棒の部分は0.3mm真鍮の針金を手で延ばしたモノ。ボンドGクリヤーで接着して出来上がり。

自作踏切 塗装後

第1種や第3種では黄色に黒帯が多いですが、ここはやはり白い棒にします。第4種踏切らしいでしょ。X部分の裏はフラットイエローで塗るだけにしました。

ジオコレの踏切と比較

比較すると、こんな感じ。 お手軽に作った割にはまずまずの仕上がりになったと自負しています。っていうか、ジオコレがひどすぎたね。使えるところは踏み板の部分しかないー。柵の部分もなんとかいけるかも。あと、追伸っていうほどでもないのですが、スタイロフォームを購入。1150円くらいだったかな(もう忘れた)。レジを出て3分後には、真っ二つに割りました。そのままでは運べないし・・・。

スタイロフォーム購入そして運搬

これで右コーナーモジュール作成の準備ができましたー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/11/exhibition-layout_8.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。