両軸受けリールトリオに糸を巻いた。

2021年10月29日 12時00分 正午の月齢:23.0  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.0[真夜中の月] 潮汐:小潮
1か月前に投稿 | 分類無用 | コメントはありません

3分ぐらいで読めます。

新品で買ったミリオネア ST-25AC、ヤフーオークションで入手したファントム ST-15・ミリオネア マグサーボ SS-20AC。このうちミリオネア マグサーボ SS-20ACは糸(今どきの人はラインっていうのかねぇ)が巻かれていないままでした。入手時からもともと巻かれていたファントム ST-15の糸もけっこうガタガタだったので、いい機会なので新しい糸を巻いてあげましょう。

オールドダイワベイトキャスティングリール

久しぶりに上州屋に行ってみました。どんな糸があるのかなー。昔はストレーンっていう黄色や紫の糸が憧れだったけれどなー。PEラインっていうのをはじめて触った。ふにゃふにゃした刺繍糸みたいな感触だけど、バックラッシュしたらどうなるんかなー、なんて考えたら結局ナイロン糸以外こわくて買えない。あと上州屋の店内でびっくりしたのは、最近のリールって左ハンドルがとても多いこと。展示されているスピニングリールは左ハンドルのほうが多かったんじゃないかな。わが家にあるのは全部右ハンドルだけど、どうせ左手で投げて右手で巻くから、竿を持ち替えることもなくて昔から何も問題ないのだ。

さて、結局買ったのはいちばん安いDreamCatchっていう品名の青い糸。ピンクも良かったけどやっぱ青だよねー。ちなみにあまり評判は良くないみたい。けど安いからこれでいいと思う、今のところはネ。

DreamCatch

太さはいつもどおり5号。ジェット天秤もバンバン投げられるからねー。

まずはファントムに。あらま綺麗な色。

ファントム糸巻き後

つぎにマグサーボ。おーなるほどこんな感じか。

ミリオネアマグサーボ糸巻き後

さて、ミリオネア ST-25AC。どうしよっかなーと思ったけれど、結局今の糸でもうしばらくがんばってみます。30年くらい前の糸だけど、まだ使える。量としてはスプールの半分くらいしかないんだけど十分間に合っているから。

ミリオネア ST-25AC

そんなわけで、新参者2機が新しい糸をまとったのに、先輩はヴィンテージものの糸で続行なのです。

オールドダイワベイトキャスティングリール

ホントは黒い糸を巻いてみたいけれど、黒で5号で150mってあるのかなぁ…

あーそうそう、もうひとつダイワの古い両軸受けリールあったんだった。

coronet mini

これなー、開けてもいないし、いつ手に入れたのかもわからないし…どうしよっかなー。

実用性あるのかなー。

今でも売られているのかなー。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »