Es-durの曲を吹くのが苦手。だけど好きな曲は多い。うーん…

2021年06月04日 12時00分 正午の月齢:23.7  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.7[真夜中の月] 潮汐:小潮
(最終更新日:2021年06月20日)
4か月前に投稿 | フルート | 1件のコメント

2分ぐらいで読めます。

「Es-dur」つまり変ホ長調の曲を吹くのがとても苦手なのです。同じように♭が3個つく「C-moll」つまりハ短調も当然苦手なのです。♭は多くても2個までだなぁ。

ところが変ホ長調やハ短調の曲って、どことなく自分に合うみたいで実は好きな曲が多いんですよね。たとえば「大不正解」「夜に駆ける」、ほかにも「残酷な天使のテーゼ」など。

で、先生いわく、タイプの人とタイプの人がいて、だいたいどちらかが苦手というものらしい。たしかに♯だったら3個でも4個でも、まぁ5個でも、♭よりかはスムーズに吹けるのですよ。ということで「♯タイプ人間」確定です。

たぶんこれは、そう、今から40年以上前…ヤマハ音楽教室に通っていた幼少期の記憶。エレクトーンの黒鍵の3つ並んでいるところを「フィス」「ギス」「ベー」と習ったんですよ。(「フィス」「ギス」は♯の読み方なのに、なぜか「ベー」だけ♭な読み方ですが、ハ長調の次にヘ長調を習った流れからですねたぶん。)

そんなこともあって、このレバー

G#レバー

つるんとしたフルートの管体に唯一飛び出た異色の存在「G#レバー」ですが、コイツを「A♭」として指が動いてくれないんです。どうしてもレバーの名前のとおり「G#」って思ってしまう。さらに逆作用(多くのキーは押さえると穴を閉じるけれどG#レバーは押さえると穴が開く)のせいで苦手感がさらに倍。A♭と同じ音であるG#を使いまくる♯3個の「ワタリドリ」「ゆずれない願い」はちゃんと指が動いて吹けるんですホントに不思議なもので。

とどめはEs(ミ♭)の運指。コイツは低音・中音・高音で運指が異なるので、いつも吹いてる途中で「あれ?」ってなるのです。まぁ練習が足りないって言ってしまえばそうなんだけどさー。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

1件のコメント »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

  1. 無料の楽譜作成ソフト「MuseScore」でALTIMAのI’ll believeを耳コピしてフルート用に作ってみた件。 | 煤式自動連結器からのピンバック | 2021年06月10日 #

    […] そして♭6個の変ト長調は♯6個の嬰ヘ長調(Fis-dur)と異名同音調なので、前回の記事にあるように自分的には♭よりも♯のほうが理解しやすいっていうのと、サビの部分は♯3個のイ長調な […]

コメントをどうぞ

Translate »