コールサインを聴きとれていないのにRSレポート59なの?

2018年12月20日 正午の月齢:13.2  月名:待宵月  潮汐:大潮 月齢:13.2[待宵月] 潮汐:大潮
11か月前に投稿 | アマチュア無線 | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

相変わらず自分から電波は飛ばしていないものの、ずっと433.00MHzでスタンバイしています。

ところで、あるときQSOをワッチしていると、CQに応答しているものの不安定でコールサインが完全に聞き取れないような局がありました。CQ局もコールサインが聞き取れなかったようで「えー、J*3**? ちょっと最後コールサインが聞き取れませんでしたけれど…」「コールサインJ*3***でよろしかったでしょうか。」みたいなやりとりが続いたあと、「レポートは5と9をお送りします。」というのを聞いて唖然。了解度って、

  1. 了解できない
  2. かろうじて了解できる
  3. かなり困難だが了解できる
  4. 事実上困難なく了解できる
  5. 完全に了解できる

じゃないの? 「だったら今のは3か4でしょ。まぁ3ってほどでもないけれどコールサインがなかなか取れないのなら4じゃないのかなぁ。」なんて思いながら聞いていました。

430MHz帯オンリーで、HF帯やSSBの音質などを理解していないので偉そうなことも言えないのですが、何でもかんでも59を送るのは自分のためにも相手のためにもならないと思います。

あー、「ご・きゅー」と「ファイブ・ナイン」とどっちのいい方のほうがいいんだろ。昔は「ファイブ・ナイン」を使っていたんだけど、最近聞いていると「ご・きゅー」「ごときゅー」のほうが多い気がするなー。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »