アンテナ周りの金物をすべて真っ黒に塗装してみた。

2018年12月10日 正午の月齢:3.2  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.2[黄昏月] 潮汐:中潮
7か月前に投稿 | アマチュア無線 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

壁面取付金具は、いかにも亜鉛のプールにドブ漬けしたような色で安心なのですが、アンテナマストのリブパイプは亜鉛メッキとはいうもののドブ漬け特有のギラギラ感がなくて被膜の厚さがちょっと心配です。ダークグレーに塗った建物外壁・黒色の瓦や雨戸に合わせて、アンテナ周りの金物も真っ黒に塗装することにしました。

金具の塗装

はじめはSOFT99シャーシーブラックを使ったのですが特に被膜が強いわけでもなくただ高いだけの塗料だったので、2本目の缶はニッペのマーキングスプレーを使ってみました。値段は3分の1で塗膜はほとんど同じ感触。黒光りしたパーツに大変身です。

ネジ取り付け後

ネジを付けてみると、銀色と黒色の醸し出すハーモニーがなんか無駄に高級感にあふれています。

しっかり塗装したものの塗膜はあまり強くなくて、爪でガリッとすると剥がれます。塗膜の厚さだけを求めるのなら、刷毛塗りのほうが良かったかな…

マストも何回かに分けて真っ黒にしました。1本だけ白い棒があるけれど、これはについて後日書きますネ。

前の記事・次の記事

前の記事
次の記事

この記事のトラックバックURL

https://susu.cc/2018/12/black-anntena.html/trackback

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ