Firefox12でWindows2000に対しての緊急告知の消し方

2012年04月28日 正午の月齢:7.2  月名:弓張月(上弦)  潮汐:小潮 月齢:7.2[弓張月(上弦)] 潮汐:小潮 (最終更新日:2019年09月17日)
8年前に投稿 | Windows | 2件のコメント

2分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

次々とアップデートされるFirefox。いつの間にか勝手にFirefox12になって、ついにWindows2000に対して最後通告してきました。我が家のパソコンも半数がWindows XPになったものの、まだまだWindows2000は捨てられません。

しかもこの警告が実にうざい…

緊急告知

起動時などにちょくちょく出てきて、イヤになります。「OSを更新する」なんて簡単に言われても困るよホントにモー。

というわけで、なんとかして消したいと考え、まずはabout:configを掘り返しました。すると、

extensions.firefox-hotfix.unsupportedOSLastPrompt

が怪しい。やったー! どうやら解決…けど、この数字はいったい…。ちょっと値を変えるのに躊躇します。もうちょっと情報を集めてみましょう。結局たどり着いたのはWindows2000の守護神・黒翼猫氏のサイトでした。さすがです。「2000でFirefox12を使っていると定期的に警告が出る仕様について」に解決方法が書いてあります。せっかく自力でいいところまでいけたのに。はぁ。

アドオン無効化

勝手にアドオンを突っ込まれていたみたいです。こういう手口キライです。さっそくアドオン「Firefox Notification Hotfix」を無効化して、快適になりましたー。

もしかしたらFirefox12よりも、Firefox11のほうが都合がいいかも知れないので、Firefox11をダウンロードしておきます。旧バージョンのダウンロードから入っていっても旧バージョンはダウンロードできないのですが、URLをごにょごにょしてhttp://download.mozilla.org/?product=firefox-11.0&os=win&lang=jaからダウンロードできました。一応お守り代わりということで。

お金のある人や、Windows2000をここまで愛していない人は、そろそろOSを乗り換えたほうがいいかも知れませんネ。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

2件のコメント

  1. 黒翼猫からのコメント | 2012年04月28日 #

    11はバグ付のままクローズしてしまったので
    10ESRのほうがお勧めだよ|・ω・)

  2. からのコメント | 2012年04月29日 #

    ありがとうございます。10ESRもきちんとダウンロードしてストレージに格納しておきました。

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »