MICROACE213系「スーパーサルーンゆめじ」のカプラーを交換

2014年08月24日 正午の月齢:28.5  月名:二十九日月  潮汐:大潮 月齢:28.5[二十九日月] 潮汐:大潮 | 2年前 | 旧暦:2014年07月29日 | 大安
In 鉄道模型 | MICROACE213系「スーパーサルーンゆめじ」のカプラーを交換 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は2年以上前のものです。情報が古い場合があります。

今日はMICROACE213系「スーパーサルーンゆめじ」のカプラーを交換してみます。

coupler213_01

221系がB型の連結器だったので、A型のグレーが大量に余ってしまいました。本当ならば213系は黒色にするべきなんでしょうけど、グレーでいっちゃいましょう。きっと違和感なく仕上がるはず!

coupler213_02

もともと連結面間がすごく広くて、違和感ありあり。少しでも狭くなりますように。

coupler213_08

カプラーを交換するとこんな感じになりました。おおっ、グレーで正解じゃないですか。

M車だけはちょっと勝手が違って、A型はカプラーポケットに無加工では入りそうにありません。ところが台車の前後を逆にすると、B型が使えそう。まずは台車をはずします。うー、分解しにくい・・・

coupler213_03

B型のカプラーをはめてみます。あれ? なんかカチッと入らないよ。

coupler213_04

カプラーの根元部分を少し削り落とすといい具合にはまりました。反対側のもともとついているカプラーポケットは小さなねじで固定されています。

coupler213_05

ねじを外せばこんな風になりました。バッチリですね。

coupler213_06

さて、車体に取り付けましょう。ボディーを持って台車をはめようとしてもうまく入ってくれないので、車体を外してはめてみます。おやおや床下機器のカバー状部品とカプラーポケットのねじ穴部分が干渉してしまいます。台車の旋回半径に合わせてカバーを削りますー。

coupler213_07

これで干渉しなくなりました。

coupler213_09

アーノルトカプラーのときと比較すると、嬉しいくらいに連結面間の距離が縮まりましたー。ホントはあと2mm、縮めたいところですが。グレーのジャンパ線も個人的には全然OKですよ。

coupler213_10

というわけで、ちょっとクセのある車両でしたが、無事に加工が終わりました。ところでこの車両セット、誰にもらったのかなぁ。んー、現・車両事業部長だったかなぁ。いろんな人に鉄道模型もらっているなー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。