高所作業車で庭木を剪定してみた。

2024年01月26日 12時00分 正午の月齢:15.0  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.0[満月] 潮汐:大潮
5か月前に投稿 | できるかな | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

伊織もついに成人式。誕生したときに市からもらったモミジの木が大きく育ってしまい、電線に当たりそうになってきました。また枝も広がってしばしば隣家に領空侵犯していたのでその都度手入れはしていたのですが、そろそろ手に負えなくなってきました。同様にキンモクセイも立派に育ってくれてそれはそれで嬉しいんですけど、木は大きくなるのに庭は大きくならないので、かなりバッサリとやるしかありません。

モミジとキンモクセイ

けど、脚立では届かない高さ。安全で確実に作業するにはアレしかありません。

…そんなわけで借りました。高所作業車。資格を取ってからまったく触ってもいないペーパーオペレーターなので不安しかないけれど。

高所作業車

車両総重量は7トン近いし、めったに乗らないMT。「このクルマは重いので1速発進で。」と言われました。重すぎ…。しかもギアの入りの渋いこと。

MT

自宅周辺の狭い道路をなんとか突破して家の前まで持ってくることができました。もうこの時点で疲れています。が、気を取り直して作業開始。

で、さっそく悶絶するわけですが、アウトリガを張り出そうと思ったらまさかの4本レバー。えーとスイッチひとつで自動的に水平になってくれるやつしか知らないんですけど。どのレバーがどの足につながっているかもわからないけれど、とにかく触ってみます。

手動アウトリガ

家の前は下り坂だけど、なんとか水平にできたので作業をすすめます。あーもーめっちゃ緊張するわー。

最初、カゴに乗ってどれだけ操作しようとしても動かない。こいつ壊れているのかななんて思いつつもういちどあちこち確認したら、アウトリガのランプが1つ消えていました。接地が弱かったみたい。そんなところを微調整して、いざ空へ。

ガレージの屋根にアームが当たらないように、かなり起こしてから旋回。指導者が誰もいないからこれでいいのかもわからない。うーん、まだ不安しかない。

屋根を回避

まずは手前のキンモクセイをカットしていきます。少しずつカゴの位置を変えながら。そしてついにモミジをカット。もちろん普通ののこぎりでギコギコするので腕がどんどん疲れていく…。

モミジをギコギコ

パッと見は危なっかしい感じはするけれど、やっぱりこれが最も安全で早い方法でした。作業開始から2時間くらいで庭がすっきり。ちなみにキンモクセイはこんな感じに。

キンモクセイ

モミジはこんな感じ。あとは幹をちょん切るかどうするか。

モミジ

学校帰りの子供たちは、「父さんそんなの乗れるの?!」と驚いてくれましたよ。まぁプロでなければ、自宅にこんなクルマ持ってきて作業することはめったにないと思います。木のお手入れ以外にも、アマチュア無線用のアンテナをいじるときとか応用次第でいろいろ使えそうですぞ。そんなわけでようやく資格が役に立ったのでしたー。

古い記事・新しい記事

古い記事 [2023年08月30日]
新しい記事 [2024年03月20日]

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »