次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その34)・かわいい駅舎をつくろう

2012年09月10日 正午の月齢:23.8  月名:真夜中の月  潮汐:小潮 月齢:23.8[真夜中の月] 潮汐:小潮 | 4年前 | 旧暦:2012年07月24日 | 赤口
In 鉄道模型 | 次期文化展、テーマは「引き込み線」。(その34)・かわいい駅舎をつくろう はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は4年以上前のものです。情報が古い場合があります。

3回の試作を経て細部の作り方が煮詰まってきたので、プラ板を使って実際に作っていきます。

レーザープリンタで描いた図面に両面テープを裏面全体に貼り付け、0.5mmプラ板に貼ったあと各パーツごとに切り出します。紙よりも切りにくいかというとそうでもなく、カッターナイフで筋を彫ってパキンと割るだけなので簡単です。ただ、窓をくり抜くのは大変。なかなかきれいに抜くことができません。

プラ板で製作

板同士を合わせる箇所は、板の厚みの分だけ削ったりしながら寸法どおりになるように組んでいきます。接着は流し込みタイプ(緑のふた)の接着剤だけです。

プラ板で製作

男子便所・女子便所・駅務室を作ります。部屋は作りますが、さすがに便器や室内の備品までは作らなくてもいいかな。そこまでは見えないと思うし。

屋根はすべての作りこみと塗装が終わってから乗せることになります。壁→塗装→窓→屋根という段取りを予定しています。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。