文化展用合同レイアウト2011(その14)・標識類を作る

2010年11月28日 正午の月齢:22.3  月名:弓張月(下弦)  潮汐:小潮 月齢:22.3[弓張月(下弦)] 潮汐:小潮 | 7年前 | 旧暦:2010年10月23日 | 友引
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は6年以上前のものです。情報が古い場合があります。

前回の予告どおり、小物を作って進捗をごまかします。レイアウトでは軽視される標識類ですが、カメラカーを走らせると線路脇の作りこみの重要性を再認識します。とは言うものの、TOMIXのものは良くできているけれど高いし、津川洋行のものは値段に対して品質がイマイチだし、どちらにせよ自作しか道はありません。

まずは標識類をIllustratorで起こしました。ただし道路標識は都合良くEPS形式の素材があったので、それを借りました。また鉄道標識の寸法は、当初は夜中にコッソリと採寸しようかなどと考えていたのですが、これも都合の良いことに資料があったので、それを参考にしました。

上に載せたファイルですが、そのまま使ってもそれなりに雰囲気は出ると思いますが、Illustratorを持っている人なら編集して任意の数字にすることができます。さらに現実感が向上することでしょう。

さて、これを写真用の印刷紙にインクジェットプリンタで印刷し、表面にクリアコートを吹きました。他にもプラ板に印刷という方法も試してみたのですが、800番の耐水ペーパーで足付けしてもインクを弾いてしまったのでボツです。

印刷・表面処理後切り抜く

これを切り抜きます。この切り抜き作業がいちばん難易度が高い作業かも知れません(特に曲線が)。

制限距離は実際の距離を換算

速度制限区間の距離ですが、実際のレイアウトから計算して求めた数字をスケール換算しています。こういうところには何故か妥協できません。曲線標も作ったのですが、R280の区間は当然「42」と記入しました。曲線半径42mって・・・でも現実です。勾配標も実際の角度から算出しています(最大58‰になってしまいました)。でも字が小さすぎてそこまで確認する人はいないでしょう、たぶん。

というわけで、先日の桁下防護工にも高さ制限の表示を。一旦プラ板に貼り、それを貼り付けます。

桁下防護工にも表示を追加

この調子で作りこんでいくと、妙なところにこだわった生々しいレイアウトになりつつあります。でも結局模型はどこまでいっても模型なんですけどね。それを理解しながらも作業するのが嬉し楽し大好き。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2010/11/exhibition-layout2011-14.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。