感謝祭用レイアウト(その24)建物設置やっと開始。

2009年10月21日 正午の月齢:3.3  月名:黄昏月  潮汐:中潮 月齢:3.3[黄昏月] 潮汐:中潮 | 8年前 | 旧暦:2009年09月04日 | 赤口
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

構想固まってきたので、形にしていきましょう。粘着テープでグレーに塗った厚紙を敷き詰め、道路にしていきます。道路は大きめに貼って、設置する建物が決まればその部分の厚紙を剥がしていくという方法です。

商店街の裏側 タクシー営業所の裏側 信号場横に平屋

ひとまず建物を並べてみて、OKと思ったら建物の基礎部分の形に道路を剥きます。こうしてポコポコと建物を接着していきます。かなり調子よく作業しています。そう、まるで目を開けたシャカ・・・

街コレ・建物コレの土台は、建物基礎部分以外はダサいので使いません。万能鋏でジョキジョキと粗加工してヤスリとナイフで削ってしまいます。

鉄道施設への入り口

モジュールの境界は常に意識しながら、違和感なくつながるように心掛けて。

電柱の加工

休憩がてらに、電柱の加工。購入したままの状態だと高圧線路の腕金が3本あり、しかも1本あたり碍子が4個ついています。高圧の線は3本が普通なので明らかに不自然! という、妙なこだわりで、碍子の数を2&1になるように腕金を加工。本数もほとんどを1本にし、数本だけ2本にしました。ホントどうでもいいところで、いつも足踏みしてしまいます。他のモジュールの電柱は、時間の制約でここまで加工していなかった(気にはなっていたけど)ので、順次腕金の本数や碍子個数の削減をすることにしましょ。

信号場越しに駅前を眺める

信号場から駅前を眺めると・・・道路標識や白線を整備しないとイマイチ味わいが足りないナァ。でも悪くはないと思います。

真上から俯瞰

まだ右半分は建物の配置も確定しないですが、このペースで作業したらなんとか間に合いそうです。ふー。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/10/festa-layout_24.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。