文化展用合同レイアウト(その13)駅モジュール完成。

2009年01月27日 正午の月齢:1.2  月名:二日月  潮汐:大潮 月齢:1.2[二日月] 潮汐:大潮 | 9年前 | 旧暦:2009年01月02日 | 友引
鉄道模型 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 1分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

何とか人前に晒せる程度に仕上がった駅モジュール。それでは、ご覧ください。

公民館 火の見やぐら 祠

本当は、街外れに神社かお寺を配置したかったのですが、それには幅方向の土地が足りない・・・。そんな時KATOの公民館を偶然見掛けて即購入。かなりの面積を処理できました。余った場所には、神社の一部のお稲荷さんを実装。

なかなか駅前の建物配置が決まらなかったのですが、グリーンマックスの火の見やぐらを中心付近に配置し、線路と平行に商店街を構成。

商店街 商店街外れ 駅舎

幅方向の制約で、自動的にこの道幅になってしまいましたが、結果的にはいい感じに収まりました。ずっと真っ直ぐだと不自然なので、商店街の外れは直線を崩して変化をつけています。

整備員詰所 旧線 清掃員見送り

以前作った部分も少し手直ししました。

線路からの視点 駅モジュール全景 2つのモジュールを並べる モジュール連結部分

左コーナーモジュールと並べるとこんな感じになります。田んぼの色合いが異なりますが、駅の横のイネは早稲の品種ということで。バリアブルレール付近のバラストの遊びが少なく、レールの連結が渋いので、改良の必要があります。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2009/01/exhibition-layout_13.html/trackback

1件のコメント

  1. […] 号場モジュールは延長部を含めるとコンビネーションボード3枚分の長さ。それと対になる駅モジュールは、今のところボード2枚分。というわけで、駅モジュールの延長部分を作ります。 […]

    駅モジュール延長部の作成(その1) | 煤式自動連結器からのピンバック | 2010年05月2日 #

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。