レイアウト制作のリハビリテーションのためのレイアウト(その4)

2008年09月10日 正午の月齢:10.7  月名:十日余の月  潮汐:若潮 月齢:10.7[十日余の月] 潮汐:若潮 | 9年前 | 旧暦:2008年08月11日 | 赤口
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は8年以上前のものです。情報が古い場合があります。

さて、昨夜仕掛けたボンドバラスト法、ほぼしっかりと固着してくれていました。ちょっと安心。いろいろなサイトを見て勉強しているのですが、大体皆さんは「こういう情景を作りたい」「こういう配線にしたい」という明確なビジョンがあるんですねー。実はこのレイアウトにはビジョンがまったく無いんです。(「駅を作ろう」くらいは考えていたのですが・・・)というわけで、駅前をどうしたらいいのか、構内のあいてる部分をどうやって埋めようか、それを考えるのがとても難しいです。

構内の端に事務所

駅の外れに木造の事務所を設置。コンセプトは清掃等の駅関係の作業員がいるイメージです。かつての留置線の本線との合流のポイントが撤去されている・・・そのあたりも表現してみました。ここはバラストを撒いた直後なので水浸し状態。

トイレの位置を変えることにした ホーム端部のパーツを使い花壇を削る

ホームの端に仮設(っていうか置いただけ)のトイレを場所移動。現実的にはトイレの位置は駅舎のすぐ近くにあるほうが自然(ホーム端にある場合も多いけど)なので、駅舎のすぐ横へ。対向式ホームの余ったパーツを使い、花壇を削りました。隙間をパテで埋めたので、色を合わせる必要がありますが、オリジナルのプラットホームの色を出すのはうまくいかなかったので早々に諦め、ダークグレイで誤魔化してしまいました。そんなに不自然ではないです。よかった・・・。

砂利を盛って線路終端

留置線の終端はバラストを盛ってみました。レール全体をウェザリング塗装後に白い枕木を積む予定です。

枕木による線路終端

こんな風に。線路のウェザリングと、プラットホーム上への架線柱の設置と、駅前の表現。この3つが大きな課題です。架線柱は2mmの穴を開けるだけなので比較的簡単ですが、駅前の表現が難題。冒頭に書いたようにビジョンが無いので・・・うーん。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/09/rehabilitation-layout_4.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。