レイアウト制作のリハビリテーションのためのレイアウト(その2)

2008年09月5日 正午の月齢:5.7  月名:六日月  潮汐:中潮 月齢:5.7[六日月] 潮汐:中潮 | 9年前 | 旧暦:2008年08月06日 | 先勝
鉄道模型 | コメントはありません

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

この記事は9年以上前のものです。情報が古い場合があります。

さて、リハビリ駅モジュールレイアウトの続きとしてバラストを撒く予定でしたが、ホントに自信がないので逃避して別の工作しましたー。

駅または沿線の看板

自由にデザインして、写真用紙にインクジェットプリンタで印刷したら、自分だけの看板完成。現在さらに悪ノリした看板を考え中です。

小屋にホーロー看板 小屋にホーロー看板 小屋にホーロー看板

同じようにホーロー看板も作ってみました。強烈な存在感。ボンカレーとオロナインとオロナミンCの看板は少し大きい気がするので後日作り直す予定です。実際ここまで看板貼った建物は見たことないなー。いや、これに近いのは見たことあるカモ。

さて、資材調達のため梅田のヨドバシカメラに立ち寄った際、以前からほしかったけれど入手できなかったTOMIXの複線機関庫があったので1個購入。ということで、本番レイアウトの配線を変更しました。レールはボンドGクリヤーでがちがちに貼っていたのですが、ナントカ取れたのでひと安心。

本番レイアウト手直し 本番レイアウト手直し

機関庫内にバラストの道床も変なので、スラブレールに換装。右の写真では手前に保守用車がありますが、これは仮置きで、実際の配線は左のとおりです。機関庫のすぐ隣の線に保守用車を置きます。昨日の反省を踏まえて、レールを貼る前にきちんと塗装しました。賢くなったでしょ。リハビリ駅モジュールレイアウトの方はほとんど手付かず。TOMIX木造駅舎を塗装したくらいです。あとはバラスト散布量をケチるために、複線の間に2mm×15mmの角材を貼り付けたことかな。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2008/09/rehabilitation-layout_2.html/trackback

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。