アイシス プラタナ 2WDに15インチのスタッドレスタイヤをつけてみた。

2021年01月06日 12時00分 正午の月齢:22.8  月名:弓張月(下弦)  潮汐:小潮 月齢:22.8[弓張月(下弦)] 潮汐:小潮
(最終更新日:2021年01月11日)
2週間前に投稿 | 自動車・バイク | コメントはありません

3分ぐらいで読めます。

謹賀新年。2021年の初投稿です。中身は去年のハナシですけど。

年末年始は寒波が来るということで、2020年12月29日、カーポートマルゼン枚方店にスタッドレスタイヤを買いに行きました(この時点ではスタッドレスにするか、すでに限界近い夏タイヤにするかまだ決めてなかったのでした)。

tire

昼過ぎにもかかわらず「本日の作業は終了しました」の文字。大繁盛のようです。そりゃそうだよねー、あれだけ雪が降るって言ってるんだから。ちなみに「何時くらいで作業の予約は埋まったんですか」と聞いたところ、「開店10分で全部埋まりました」とのこと。いや早すぎるでしょ。

純正タイヤは205/55 R16なのですが、この際タイヤのメーカーやホイールのデザインは重要ではないので、「今日持ち帰りができる」「アイシス プラタナに履ける」「タイヤとホイールのセットもの」「いちばん安いもの」ということで店にある在庫を調べてもらって提示されたのが、「グッドイヤーICE NAVI 6」195/65 R15と「ロクサーニ スポーツ RS-10」10本スポークの組み合わせ。15インチって履けるの? と心配したのですが、お店の人が履けるというので履けるのでしょう。プラタナじゃない標準仕様は15インチらしいので、じゃあ大丈夫かな。夏タイヤは16インチがいいけれど、スタッドレスだったらまあ195で15インチでいいよねっていうことで納得。

50000円以内で買えたのはとても嬉しかったー。

さて12月31日。10年ぶりに自力でタイヤ交換。もちろんアイシスのタイヤ交換は初めてなのです。

エナセーブRV504+純正ホイール

エナセーブRV504&純正ホイールの状態。このホイールのデザインはなかなかイイと思います。

16インチホイールとブレーキキャリパーの隙間

16インチホイールとブレーキキャリパーの隙間はこんな感じです。若いときはキャリパーを赤く塗装したなぁ。気が向いたら塗ってみようかなー。

タイヤの内側摩耗

車載工具のジャッキを使ったのですが、めちゃくちゃしんどい。こんなにしんどかったかなと思うほど。ジャッキアップしてホイールを外してみると…外側から見るだけではわからなかったのですが、摩耗しすぎて糸や針金が少し出ていました。危なかったー。(後輪は大丈夫でした。)

15インチホイールとブレーキキャリパーの隙間

15インチホイールをはめてみると、こんな感じ。ギリギリ当たりません。ホイールをキャリパーに当てないようにまっすぐハブに差し込むのはなかなか大変でした。

スタッドレス装着後の姿

装着後こんな容姿に。タイヤが厚くなって、ちょっとかわいい感じになりました。オフセットの関係で、10mm程度内側に入り込んでいます。

さっそく、和歌山の山奥に向かって出発。

途中100kmほど走ったところでナットの締まり具合を確認し、再び走ります。国道370号線から路肩や路面に雪を確認、県道115号花園美里線に入るとかなり積もっています。子供たちはめったに見ない雪の量に喜んでいるのでした。

和歌山県道115号花園美里線にて

難なく山を越えて、無事に帰省完了。帰り道も全然問題なしです。冬が終わるまでに夏タイヤの準備をしておかないと。エナセーブ RV505にしようか、レグノ GRV2にしようか、とにかく安いタイヤにしようか、で悩んでいるのでした。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »