恐怖! エンジンオイルがすっからかん。

2023年08月25日 12時00分 正午の月齢:9.1  月名:十日月  潮汐:長潮 月齢:9.1[十日月] 潮汐:長潮
(最終更新日:2023年11月21日)
10か月前に投稿 | 自動車・バイク | コメントはありません

2分ぐらいで読めます。

わが家のアイシスは、6か月ごとの点検も車検もすべてディーラーに任せています。クルマいぢりが趣味だった若かりし頃とは違い、近頃は運行前点検はサボり気味でして、タイヤの空気圧(見た目)を確認する程度。ちなみに空気圧は240~250kPaが個人的な好みの数値。

先日、走行中に充電警告灯が点灯し、「あーこれはバッテリーじゃないな…」とすぐにわかったので、とりあえず走れるところまで走ろうと思ってなんとか家までは帰り着いたものの、発電・充電されていない状態だったのでバッテリーの電圧は弱っていて、念のため車載車でディーラーまで運んでもらいオルタネーターを交換してもらいました。

さて、8月に入ってから、強めのブレーキをかけたときに油圧警告灯がちらっと点灯することが2回ありました。9月上旬に6か月点検の予約を入れているので「点検も近いしそのときでいいかな。」とは思ったものの、なんとなく気になったので久しぶりにオイルレベルゲージを抜いてオイルの量を確認したところ…

オイルがゲージにつかない

ああ…全然オイルがない。ゲージにオイルがつかないよー。

けど、地面には1滴もオイルの垂れた形跡はないし、排ガスのにおいもオイルが燃えているときのにおいではないし、なぜ、いつから、オイルが不足しているのが謎なのですよ。

急いでホームセンターに行き、カストロールの安売りされていた10W-30オイル4L缶を買ってきて、3Lちょっとを注ぎました。

機械の信頼性は高くなっているとはいえ、やっぱり運行前点検はしないといけないな、と改めて思ったわけですー。

追記。

オイルが減ったという感じではなかったので、このゲージにオイルがつかないくらいオイルが入っていない件については点検時にディーラーに報告しました。怒ってとか、クレームっていう感じではなく、事実を淡々と…

古い記事・新しい記事

古い記事 [2023年04月17日]
新しい記事 [2023年11月20日]

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »