今年最初のフルート教室は、ド(C5)からレ(D5)の運指に悶絶。

2020年01月10日 18時00分 正午の月齢:15.3  月名:満月  潮汐:大潮 月齢:15.3[満月] 潮汐:大潮
11か月前に投稿 | フルート | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

3週間ぶりのレッスンでした。

何が悶絶って、キーを押さえている指と離している指がほとんど逆になるのです。

C5は、楽器が不安定なくらいにキーを押さえる指が少ないのに、D5になったらドバっとキーを押さえる。逆のD5からC5のほうがさらに不安定かな。

指も不安定だけど、頭の中も「ええとぉ…」となるのでした。

  • ド(C5)

ド(C5)

  • レ(D5)

レ(D5)

これはかなり練習しなきゃ、身につかない予感…

でもリコーダーやオカリナだったらそれなりにできるので、フルートでも慣れたらできるとは思うんですけどね。ただフルートはリコーダーやオカリナみたいに唄口をハムっとできないので、安定性としてはやっぱり難しいとは思うケド。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

コメントをどうぞ

Translate »