文化展用合同レイアウト2011(その7)・盛土を作る

2010年10月05日 00時43分 正午の月齢:27.1  月名:二十八日月  潮汐:中潮 月齢:27.1[二十八日月] 潮汐:中潮
(最終更新日:2010年12月16日)
9年前に投稿 | 鉄道模型 | コメントはありません

1分ぐらいで読めます。

この記事は情報が古い場合があります。

市民運動会の後遺症で軋む体をいたわりつつ、少し作業を進めました。

法面を作る

紙粘土で盛土を作っていきます。普通の紙粘土ではなく、ふわふわの軽量紙粘土。とても軽くて、マシュマロのような感触です。しかも不思議なことに手にくっつかないので手が白くなりません。さらに粉もほとんど出ないので、スムーズに作業ができました。

盛土を作る

道路が通る部分を除いて、ほぼ盛土区間ができました。勾配の真下は紙粘土を詰めるともったいないので、ティッシュやビニール袋や古新聞など、近くにあったものをギューッと詰めてあります。

バラストを撒く バラストを撒く

まだ架線柱を立てていないので、線路外側にバラストを撒くことはできませんが、内側だったら作業できるなと考えて、手持ちのバラストを撒きました。濃い目のボンド水で頑丈に固定します。曲線部分はバラストの盛り方にアクセントをつけて、カントの存在をあざとくアピールしておきます。

古い記事・新しい記事

古い記事
新しい記事

コメントはありません

ごめんなさい、コメントフォームは閉鎖しています。

Translate »