マイクロエース DD13の連結性能を少し改善した。

2017年11月29日 正午の月齢:11.0  月名:十二日月  潮汐:中潮 月齢:11.0[十二日月] 潮汐:中潮 | 3週間前 | 旧暦:2017年10月12日 | 先負
鉄道模型 | 1件のコメント

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

台車の中でショートしていたという奇病は寛解しましたが、次の課題が見つかりました。

カプラーに遊びがない

KATOカプラーに交換しているのですが、カプラーポケット内に遊びが全くなくて連結器がガチガチなので、S字カーブで牽引している車両を脱線させてしまいます。下記の画像は、一般的なC243とC280のカーブでの例。

牽引している車両が脱線

2軸貨車でもボギー車でも、軽い車両は一発でやられてしまいます。牽引では大丈夫な車両も推進運転では脱線することも。何らかの対策が必要なようです。まぁ、S字カーブを作らなければそれがいちばんなんですけどね。

台車の可動域が狭い 台車の可動域が狭い

脱線の直接の原因ではありませんが、そもそもこのDD13、台車の可動域がとても狭い。C243もぎりぎり通過している感触です。もう少し曲がってくれてもいいと思うけど。

カプラーのお尻を加工

瞬間接着剤で固めたKATOカプラーのお尻を削って、薄くしました。これをカプラーポケットにIN。

柔らかくなったカプラー

とても柔らかく、緩衝効果も高い連結器になりました。これを車両に戻します。

S字カーブ試運転

試運転してみます。スイスイと牽引・推進運転できましたー。これで走らせることができるレイアウトの幅が増えますネ。

関係あるかも知れない記事

前の記事・次の記事

前の記事
<<
次の記事
>>

この記事のトラックバックURL

http://susu.cc/2017/11/dd13-couplersoft.html/trackback

1件のコメント »

[RSS on this post] [TrackBack URI]

  1. […] ガチガチだったDD13のカプラーを柔らかくしたものの、やっぱり見栄えも追求したい。ということで、別のカプラーにしてみます。 […]

    マイクロエース DD13の連結器を66ナックルに交換してみた。 | 煤式自動連結器からのピンバック | 2017年12月1日 #

コメントをどうぞ